本ではお伝えしきれなかった、
オウンドメディアで
結果を出すための⽂章術

このたびは、「売れるオウンドメディアマーケティング」をお求めいただき、ありがとうございました。今ご覧のこのページは、ご購⼊者様のみが閲覧することのできる限定ウェブページとなっています。オウンドメディアを成功させるために必要なことを、オウンドメディアで集客をし続けている企業の視点で伝えていますので、少しでも早く成功できるよう、⼀字⼀句逃さず読み進めてください。

オウンドメディアで結果を出す
企業が
取り⼊れているとは?

あなたがこれから運営するオウンドメディアに、ユーザーがアクセスをしてきたら、
その時点で「見込み客」となります。
ただし、商品を買ってくれたり、資料請求をしてくれたりといったアクションを、
すぐに起こしてくれるわけではありません。

あなたのメディアから発信されているコンテンツを信用してファンになったり、
つまらないからといって離脱してしまったりするわけですが、
全ては「そこに何が書いてあったのか」ということに委ねられています。

つまり、これからオウンドメディアを作って、自社集客をしていくならば
「ライティング技術」に目を向けて、見込み客を増やし続けていくことを考えなければなりません。
アクセスをしてくれた見込み客の心を掴み、ファン化させて商品購入を
検討してもらえるよう、ライティング技術を使ってオウンドメディアを構築していくことが、
成功するためにかかせない要素なのです。

見込み客の心を掴むためのライティング技術は、
大きく分けると6つのポイントに絞られます。

6つのポイント!

  • 「読んでくれない」
    ことを理解して
    対策をする

  • 読み進めやすい
    構成

    を組み⽴てる

  • 中学⽣が読んでも
    理解できる⽂章を書く

  • 伝えたいことではなく
    知りたいことを書く

  • ⾒込み客が
    本当に成し 遂げたい
    未来
    を書く

  • ⾒込み客が知らない
    新しい価値を届ける

これらのポイントに共通していることは、
「徹底的に見込み客の目線に立つ」
ということです。メディアのため、会社のため、
商品を売るためではなく、
見込み客のためになる文章を書くことが、
オウンドメディアには求められています。

⼀度覚えると、
これから先ずっと使えるスキル

これからもウェブサイトやSNSなどの進化や、
流行の変化などは必ず繰り返されますが、
言葉がコミュニケーションツールとして廃れない限り、ライティング技術はずっと役に立ちます。

画像には、それを活かすための⽂章がないと⾒込み客には響きませんし、動画には⼈の⼼を動かすための脚本が必要です。⼈は結局、⽂章や⾔葉で納得したり信⽤を感じ取ったりして、選択と⾏動を決めています。

もしかしたら、あなたの部下が書いたメール⽂章の印象が悪く、仕事を1つ失ったケースがあったかもしれません。普段はあまり気にしない、ポストに投函された広告の⽂章が気になって、中を読み進めてみたなんてことがあったかもしれません。

オウンドメディアを運営するために⾝に着けたライティング技術は、読む⼈のことを考えて書くことができるようになる技術です。
つまり、どのようなシチュエーションにおいても、活かすことのできる技術なのです。

⾃分だけじゃなく、
チームや外注先の品質を
上げる⽅法

オウンドメディアを運営するにあたって、
あなたがライティング
技術を学んで作り上げていくことも方法の1つですが、
より効率的に素早く成果に繋がる方法もあります。

  1. 1つは、⾃社内にチームを作り、
    役割を分担して作っていく⽅法です。

    例えば、あなたがライティング技術を習得しているなら、社内のメンバーに技術を後継して実務を任せ、あなたがディレクターとなって文章に添削をしていくことです。

    あなたの添削を受けたメンバーは、あなた同様の技術が身についていきますので、そういったメンバーを増やしていけば生産性は一気に上がります。

    同時に、メンバーの中からさらにディレクターを任せられるような人が出てくれば、あなたはディレクションをする立場から、別のオウンドメディアの立ち上げなどに関わることができ、さらに生産性が上がります。

    しかも、ライティング技術とオウンドメディアの運用実績が、社内に蓄積されていく付加価値もあります。

    ただし、この仕組みの構築には、必ずトップに高いライティング技術を持ち合わせたディレクターが存在していることが条件です。

  2. もう1つの⽅法は、
    オウンドメディアの⽴ち上げから
    運⽤まで、メディア集客を専⾨としている
    会社に外注するという⽅法です。

    オウンドメディアに求めることや、作り上げたい未来などを外注先と共有し、ライティングからディレクションまで依頼してしまうのです。

    オウンドメディアの運営経験がない会社であれば、ゼロから立ち上げるよりもスムーズに構築していけますし、外注先に実績があれば成果に繋がりやすいという利点もあります。

    ただし、この場合はオウンドメディアの運用ノウハウやライティング技術が、社内に残らないというデメリットもあります。

    いずれにしても「ライティング技術」が大切であることに変わりがなく、どちらの手段を選ぶにしても、ライティングの世界について学んでおくことが大切です。

文章と
文章の違い

大手家電量販店に行けば10万円で買える
エアコンを、わざわざ地元の商店で
30万円払って買う人が
たくさんいることをご存知でしょうか。

・その人の字も尾に量販店が無いから ・10万円で買えることを知らないから といったことではありません

その人にとっては、30万円払ってでも
そこから買いたい理由があったり、
買いたいと思える関係性があるからです。
実はこの話は、商店街にある小さな電気店
のスタッフが、商品販売ではなく
住宅の電球の取替などの不便がないか、
無償で巡回しているうちに築き上げられた
信頼関係によって、生まれたものです。

これをライティングに置き換えると、
「売れない文章は
セールスをする文章」
「売れる文章は
信頼関係を築ける文章」
ということになります。

量販店の商品が売れない
という意味ではなく、
その人にとって
量販店よりも小さな商店の商品を
高額で買う理由があるということです。

必ずしもセールス力だけが、
人の心を動かしているのではないのです。

一般的なセールスをする文章

  • この商品がおすすめです
  • こんな性能になっています
  • 世界最⼩サイズを実現しました
  • 今申し込まないと損をします
  • 値下げをしておいたので買って下さい

このような文章が多く見られます。
商品を販売したいので、セールスをしたい
気持ちはわかりますし、そういう文章が
必要となる場面もあります。

ですが、見込み客が心を開くのは、セールスをされたときではなく、
信頼ができると感じ
たときです。

売れるセールス文章

  • このような悩みを抱えていませんか?
  • 問題が解決できるようこれまで取り組んできました
  • 本当に求めている、こんなことではありませんか?
  • 毎日が辛くて嫌になりますよね
  • どんな問題でもご相談ください

商品やサービスを売り込むのではなく、見込み客のことを理解したり、対話をするように聞き手に回るような流れにするわけです。

とくに、ウェブサイトの場合は伝える側が一方的に伝えてしまうケースが多いので、それでも理解に努めて頭の中で対話になるような関係が作れれば、競合他社よりも良い関係が作りやすくなります。

きっとあなたも、販売会社の売り文句より、自分のことを理解してくれる友人から進められたものを、信頼するのではないでしょうか。

売れない文章は「セールス」 ということを覚えておいてください。

これから文章を
書き始める前に読むべき本

最後に、ライティングについて学べるおすすめの本をご紹介するつもりでしたが、もっと簡単にライティングを理解してもらえるものがありますので、ご紹介いたします。

たくさんの本を読んだり、勉強会で学んだり、実際にライティングをしてオウンドメディアを運営してきた弊社の無料WEBセミナーで、ライティングの世界をさらに知ってもらうことができます。

この無料WEBセミナーは、ライティングの技術を身に着けて、オウンドメディア用の原稿作成や、商品販売ページの原稿作成を仕事にしていきたい人に向けた支援活動として、作り上げたWEBセミナーです。

フリーランスのライターや、社内にライティング技術を取り込みたい経営者などに向いているものですから、このWEBセミナーを見ていただくことが何よりの近道だと考え、ご紹介いたします。

無料のオンライン動画なので、好きな場所・好きな時間に見ていただくことができ、専用のLINEアカウントに登録をしていただくことで、セミナー動画のURLを受け取ることができます。

また、セミナー視聴特典として、登録直後にコピーライティングに関する無料冊子もお渡ししていますが、この本はぜひ読んでいただきたいので、あわせてお受け取り下さい。
無料WEBセミナーと冊子をご案内しますので、下記からLINEの登録をお願いします。

LINEの友だち登録をして今すぐ本とWEBセミナーを受けとる

それでは、WEBセミナーでお会いしましょう。
最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。