fbpx

SEO

SEO効果を高めるcanonicalタグの使い方とは?正しい設置方法

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

あなたが運営しているwebサイトに重複コンテンツはありませんか?

掲載されている内容が同じページにもかかわらずURLが複数存在することが原因で、検索エンジンから重複コンテンツと認識されてしまうケースがあります。

SEO対策をしていても重複コンテンツが存在することでサイト全体の評価を下げる原因になりますので、適切な処理が必要です。

その対処法のひとつに「canonicalタグを設置する」という方法があります。

そこで今回は、canonicalタグを使うケースと使ってはいけないケース、タグの設置方法まで詳しく解説いたします。

canonicalタグとは?なぜタグの設置が必要なの?

canonicalタグは「正規URL」を指定する際に使用します

例えば、あなたのwebサイトにある特定のページにアクセスするためのURLが複数存在している場合やPC版とモバイル版のサイトを持っている場合など、コンテンツが重複していると見なされてしまいます。

重複コンテンツと認識されると、本来得られるはずの被リンク効果が分散してしまったり、最悪の場合ペナルティの対象になり検索順位が下がったり検索結果に表示されなくなったりとデメリットが多いです。

そこで正規URLといわれる、複数のコンテンツのなかから代表するURLを指定して、「このページがメインコンテンツですよ」と検索エンジンに伝えてあげる作業が必要になります。

canonicalタグを設置して正規URLを指定することで、検索エンジンに正当な評価をしてもらえるということです。

タグの設置が必要な5つのケース


では実際、どのようなケースでタグを設置する必要があるのでしょうか?

canonicalタグによるURL正規化が必要な5つのケースを見てみましょう。

ケース1 ECサイトで同じ商品のバリエーションによってそれぞれURLが存在している

ECサイトでは、色違いやサイズ違い、柄違いなど、同じ商品でもバリエーションが複数あるケースが考えられます

色が違うだけで、その他は同じコンテンツが異なるURLで掲載されている場合、重複コンテンツと認識されるケースがありますので、canonicalタグを設置してURLの正規化をしましょう

ケース2 PC版とモバイル版でURLが異なる

PC版とモバイル版ではデザインが違うだけで中身は同じケースが大半かと思いますので、異なるURLでwebサイトを作成している場合には、URLの正規化が必要です。

基本的にはPC版を正規のページとします

モバイル版のページにcanonicalタグを設置することでPC版の存在を検索エンジンに伝えることができます。

一方、PC版にはalternateタグを設置して、モバイル版との関連性を示すことが必要です。

ケース3 ドメインのwwwの有無やhttpとhttpsのページが混在している

現在ではhttps対応しているwebサイトが多いのではないでしょうか?

こうした場合に以前のhttpのサイトが存在していたり、wwwのあるものやないものといった同じコンテンツが混在しているケースがありますので、ドメインはひとつにまとめておきましょう

基本的にはhttpsのページを正規化すると良いでしょう

ケース4 301リダイレクトの設定が出来ないサーバーを使用している

canonicalタグを設置する以外にも「301リダイレクト」を設定することでURLの正規化が可能です。

しかし、サーバー環境によっては301リダイレクトを利用できないケースもありますので、その場合はcanonicalタグを設置して正規化を行います

ケース5 ABテストのため、デザイン違いの同じコンテンツが存在する

例えば、クリックボタンの位置や色などを変えてABテストを行う場合、テスト箇所以外は同じコンテンツでもURLが異なるページが複数あれば、重複コンテンツと判断されるケースがあります

どちらか一方のコンテンツにcanonicalタグを設置しておきましょう

canonicalタグの間違った使い方


canonicalタグを設置しなければならないケースは理解いただけたかと思いますが、実はcanonicalタグを使用してはいけない場合もあります

間違った使い方をしてしまうと、検索エンジンからサイトを正しく評価してもらえない可能性も出てきますので注意しましょう。

2ページ以上にまたがっているコンテンツを正規化

情報量が多い記事などの場合、2ページ3ページと複数ページにまたがって掲載しているwebサイトを目にすることもあるでしょう。

ニュースサイトなどで良く見かけますね。

同じ記事で複数ページあるからといって、2ページ目にcanonicalタグを設置するのは間違いです。

万が一タグを設置してしまうと、せっかく良いコンテンツであっても検索エンジンからインデックスに登録されなくなってしまいますので、注意が必要です。

リンク先を2つ以上指定、または誤ったリンク先を指定

canonicalタグのリンク先として指定するのは、1ページに必ず1つだけです。

また、タイプミスによるURLの間違いやテンプレートを基にページを作成したことでテンプレートで使われていたリンク先を修正し忘れてそのまま使ってしまうケースもあるでしょう。

このような場合、canonicalタグがきちんと機能しませんので、URLが正しく設定されているか必ず確認してください

相対URLで指定してしまう

タグを設置するときは絶対URLを使用します。

絶対URLとは、https://~などから始まるすべてのアドレスのことです。

一方、相対URLはhttps://などは省き、現在のファイルを基準に位置を指定したものになります。

例えば、マンションの101号室に住んでいる人が201号室を指す場合に、「上の階」と表現するようなイメージです。

タグを設置する際、絶対URLと相対URLどちらを使用することもできますが、相対URLを指定した場合、検索エンジンがcanonicalタグを正しく判断できないケースが出てきますので、必ず絶対URLを使いましょう

タグにcanonicalタグを入れてしまう

後ほどタグの設置方法は詳しく説明しますが、canonical タグは、必ず タグ内に記述します。

bodyタグの中に書いても機能しませんので、必ずリンクの位置を確認しておきましょう。

ランディングページやカテゴリページで特集記事へのcanonicalタグを指定してしまう

例えば、カテゴリページに特集記事の内容をほとんど含んだコンテンツがあるからといってタグを指定してしまうと、検索結果にカテゴリページが表示されなくなってしまいます。

どちらも表示させたいのであれば、canonicalタグを設置しないか、カテゴリページに自身のページへのcanonicalを設定するか、どちらかの対応をするようにしましょう。

実際にcanonicalタグを設置してみましょう


先ほど説明したとおり、canonical タグを正しく認識してもらうには、必ず タグ内に記述する必要があります。

このように重複コンテンツ内に、正規のページと認識してもらいたいコンテンツのURLを設置します

また、できるだけ上部に入れることが望ましいようです。

まとめ


canonicalタグは重複コンテンツがあった場合、SEO対策として非常に有効なタグです。

ただし、URLを間違えたり指定先を間違えたりと誤った使い方をしてしまうと、サイト全体の評価を下げることに繋がる可能性がありますので、タグを設置した後は必ず正しく指定されているか確認しましょう。

重複コンテンツはサイトを運営している以上、避けては通れませんので最適なコンテンツを検索エンジンに認識させ、上位表示を目指しましょう。

関連記事

  1. SEO

    SEO対策になる構造化データマークアップ:その効果と実装方法

    SEO対策の一つに、埋め込み用の情報「構造化データ」を設定(マークアッ…

  2. SEO

    SEOにおける競合分析の重要性とは|オススメの分析ツール紹介

    SEO対策をして検索順位をあげるためには、ターゲットキーワード…

  3. SEO

    SEOで上位表示させる方法!必ず抑えるべきポイント7選

    あなたがSEOに取り組んでいる理由はなんでしょう。「自社サイトを検…

  4. SEO

    SEO対策になるコーディングとは?

    webサイトを作る「コーディング」作業をどのように行うかは、SEO評価…

  5. SEO

    SEOと文字数の関係について。上位表示に必要な文字数は?

    SEO対策で必要な文字数は何文字なのか?SEOで上位表示させる…

  6. SEO

    SEO対策の基本!関連キーワードの選定方法とは?

    GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した時に上位表示…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    【YahooのSEO対策】Googleとの違いは?
  2. SEO

    重複コンテンツがSEOに与える影響とは?5つの具体例と対処法
  3. SEO

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングにおける12のメリット・デメリット!
  4. SEO

    必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説します
  5. SEO

    PDFファイルのSEO対策方法を知っておこう
PAGE TOP