fbpx

SEO

クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クローラー」

このクローラーがwebサイトで行う情報取り込み作業「クロール」の作業効率を上げることこそ、SEO評価を上げる近道だとさえ言われる、SEO対策に欠かせない重要な要素です

この記事ではSEO対策に必要な基礎知識としてクロールの基本を押さえつつ、クロール効率を上げる方法を見ていきましょう。

SEO評価に直結する情報取り込み作業「クロール」とは?


クロールはwebサイトを隅々まで「這い回る」こと

「クロール(crawl)」というのは、検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クローラー(crawler)」が、評価対象のwebサイトで行う情報取り込み作業のことです

処理作業そのものを指して「クロール」と名詞的に使うケースと、処理作業を行うことを指して「クロールする」と動詞的に使うケースが見られます。

クロールというと、有名なものでは水泳の泳ぎ方のクロールを連想するかと思いますが、名前の元となる発想は同じものだと推測されます。

どちらのクロールも、動詞の英単語の「crawl」が持つ「腹ばいで進む、ハイハイする、這い回る」の意味から派生した用語です。

水上を這うように進むのが水泳用語のクロールで、webサイト上を隅々まで這い回るのがSEO用語のクロールです。

Webページが検索エンジンで検索できるようになるまでの流れ

webサイト上を這い回って情報を取り込む作業「クロール」について理解するには、webページを作って検索エンジンで検索できるようになるまでの流れを押さえておく必要があります。

①Googleなどの検索エンジンの運営元が推奨する作りになるよう、新しくwebページを作ります。

②webサイトの全体見取り図「サイトマップ」を送信し、新しくwebページができたことを、自動巡回ロボット「クローラー」に知らせます。

③クローラーは、サイトマップを頼りにwebサイト内を隅々まで見て回り、情報を取り込みます。(=クロール)

④クローラーは、集めた情報を登録します。(=インデックス)

⑤検索エンジンで検索すると、作ったwebページがヒットします。

一言でまとめると、クロールとは、検索エンジンに登録されるために必要な情報収集処理を指します。

検索エンジンでの上位表示を狙うSEO対策には、欠かせない要素のひとつと言えるでしょう

なお、webページが推奨される作りになってないと、自動巡回ロボットのクローラーはうまく働いてくれず、クロール自体が行われないということを知っておきましょう。

また、クローラーは自動巡回するため、新しいページに気づいた時点で仕事をしてくれますが、いつ気づくかはわからないため、サイトマップを送信して新たなページができたことを知らせるのが一般的です。

クロールの関連ワード「クローラー」「クローリング」「クローラビリティ」

「クロール」に関連するキーワードを整理しておきましょう。

「クローラー(crawler)」は、クロールを行う主体です。

検索エンジンの検索順位を決める情報を集めるため、自動で巡回するロボットのことです。

クローラーと同じような文脈、意味合いで使われる言葉としては「ロボット(robot)」「ボット(bot)」「スパイダー(spider)」などがあります。

ただ単に「プログラム」と表現されることもあります。

また「クローラ」というように最後の伸ばす音を省略する形で表記されることもあります。

「クローリング(crawling)」は、クロールと同じ意味です。

つまり、検索エンジンに登録されるために必要な情報収集処理を指します

クロールとクローリング、どちらが正式というものはありません。

他の用語でも使われるクロールを避け、ノイズが入りにくいクローリングを使うなどのケースが考えられますが、Googleの情報発信にはクロールが使われているため、文脈で使い分けるとよいでしょう。

「クローラビリティ(crawlability)」は、クロールのしやすさを表します

ユーザービリティが使いやすさや使い勝手という意味合いで使われますが、そのクロール版と思ってください。

クロールがどれくらい効率化(最適化)されているか、といった文脈でよく使われます。

SEOのクロールの目標達成のための指標、評価軸のような意味合いで使われることもあります。

SEO対策のために知っておきたいクロール効率化


検索エンジンの推奨する作りになっているwebサイトが、ユーザーに利用されればされるほど、SEO評価が上がり、検索順位が上がります。

新しいwebページが検索できるようになるための一連の流れの中を効率化することはSEO対策になると言われています。

なお、SEO対策においてクロールの効率化の施策は、そのまま情報登録「インデックス」の施策と同じものです。

インデックスされるにはクロールされる必要があり、クロールはインデックスのための前準備作業にあたるため、クロールとインデックスを区別する意味がないためです

では、クロール効率、インデックス効率を上げ、SEO評価につなげるには、どうすればよいかを見ていきましょう。

・webサイトの全体図である「サイトマップ」を見直す
・webサイトの作りを見直す

(1)webサイトの全体図である「サイトマップ」を見直す

自動巡回ロボットのクローラーに情報が伝わりやすいサイトマップ形式があります。

XML形式のサイトマップ、プラグインを使わずにHTML形式でのサイトマップを用意すると、クロール効率が上がります

SEO評価につながるサイトマップの作り方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

(2)webサイトの作りを見直す

新しく作るwebページの情報を置く場所「階層」を浅くすること、具体的にはURLの半角スラッシュ「/」の数を少なくすることで、クロール効率は上がります

クローラーは、階層が浅く設定されているwebページはトップページから近いから重要だと判断して、優先的にクロールするようになっているからです。

通常、webページの追加とURLの決定は、そのサイトごとに異なる運営ルールに従って行います。

新しいページだけ違う階層に置く、という無軌道な行動が許されることはまずないでしょう

SEO対策のためにwebページの階層を浅くする見直しを行いたい場合、webサイト全体の作りを見直すことになります

SEO対策につながるURLや階層の決め方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

検索エンジン運営元の出すガイドラインや、webの標準を決める団体の示すルールに沿って、webサイトを作るだけでも、クロール効率化につながります

クローラーがそれらのガイドラインに沿ったwebサイトを見ることを前提に設計されているため、いわば仕事がしやすくなる環境を用意することになるのです。

一般的に、文字や画像などを表示するのに使われる記述言語HTMLを、適切に使うだけでもSEO対策になると言われています。

更なる情報収集を促したいなら「構造化データ」という埋め込み用の情報を設定(マークアップ)するのもよいでしょう。

例えば「私はヨシダヨシヒコです。」と書かれていたら、人間が見れば「ああ、自己紹介だな」と推測できても、コンピューターにとってそれは単に文字の羅列でしかありません。

そこに、構造化データをマークアップすることで、意味を正しく伝えることができます

構造化データやマークアップについてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

まとめ


今回はSEO対策に必要な基礎知識としてクロールの基本を押さえつつ、クロール効率を上げる方法を見てきました。

クロールは、検索エンジンに登録されるために必要な情報収集処理のことで、検索エンジンでの上位を狙うSEO対策には欠かせない要素です。

クロール効率化としてサイトマップやwebサイトの作りそのものを見直し、SEO評価につなげましょう。

関連記事

  1. SEO

    SEOで重視するべきタグと使用方法

    Webサイトの作成において、HTMLタグをどのように設置するかでSEO…

  2. SEO

    SEO効果に影響のあるパーマリンクの設定方法とは?

    パーマリンクがSEOの効果にどのような影響があるのか?Goog…

  3. SEO

    SEO対策になる被リンクとは?その効果と獲得方法

    SEO対策の中の一つに、外部のwebサイトを経由して自社webサイトに…

  4. SEO

    モバイルフレンドリーはSEOにどう影響する?対応方法は?

    スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及により、モバイル端末…

  5. SEO

    コンテンツSEOでwebサイトに安定した集客力を!

    SEO対策の中の一つに、既存のwebページの内容(コンテンツ)を改善し…

  6. SEO

    SEO対策になるURLのポイント3つ:キーワード・長さ・階層

    有名なSEO対策でwebサイトの中に検索キーワードを盛り込むなどがあり…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基準も解説
  2. SEO

    SEOに強い記事をつくる方法はたった1つだけ!改善サイクル
  3. SEO

    ワードプレスで作成したサイトのSEO対策は設定が必要!
  4. SEO

    404エラーページを工夫してSEO評価につなげよう
  5. SEO

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングにおける12のメリット・デメリット!
PAGE TOP