fbpx

SEO

外部対策もポイント!SEOで順位を上げる外部対策の方法とは

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

自社サイトの検索順位を上位にする対策として、SEO対策(検索エンジン最適化)を行います。

そして、このSEO対策は、「内部対策」「外部対策」といった2つに分類することができます。

それぞれの違いや対策方法を理解して実施することで、検索結果で上位表示させることができるようになるでしょう。

本記事では、SEO対策のうち「外部対策」に焦点を当て、外部対策のポイントと、今すぐできる外部対策の方法を合わせてご説明しています。

今回ご紹介する外部対策を取り組み、競合サイトに負けないサイトへと改善していきましょう。

SEO外部対策とは

SEO外部対策とは

まずは、SEO外部対策がどんなものなのか見ていきます。

SEO外部対策とは、サイト外部から自社サイトの評価を高めるために行う施策のことです。

簡単に言うと、内部対策はサイト内の構造や、htmlタグの最適化を図る対策、外部対策はサイト外部から被リンクを獲得する為の施策ともと言えます。

内部対策で行う、サイト内の構造やコンテンツの改善を図ることはユーザビリティの向上に繋がる為、SEO対策において重要なポイントとなります。

しかし、内部対策を行うだけでは、サイトの価値を正しく判断することはできません。

実際にユーザーがサイトをみて、どれだけ価値を感じたのか、コンテンツのクオリティはどうなのかを判断するには、外部からみたサイトの信頼度や関連性も重要な要素としてみられます。

つまり、サイト外部の指標が、自社サイトの価値を判断するために用いられるということ。

「被リンクの数が多い=信頼性のあるサイト・支持を集めているサイト」

こうした指標ができるため、外部対策をすることがSEO効果を高めることに繋がるのです。

内部対策と外部対策どちらが重要?

内部対策と外部対策どちらが重要?

外部対策についてはご理解いただけたでしょう。

ただ、こんな疑問は出てきませんか?

「外部対策と内部対策、どちらも対策した方がいいのか」

「どちらかの対策をするだけではいけないのか」

少なからずこのように思われた方もいるでしょう。

こちらに関しては、公式に発表されているデータはないため、どちらが重要なのか断言することはできません

ただ、現在のGoogleの傾向をふまえると、以下のように考えることができます

内部対策、外部対策(被リンク対策)どちらも重要!

SEO対策を行い、検索順位を上げる為に必要なことは大きく分けると以下の2つです。

  • 良質な被リンクの数
  • 質の高いコンテンツ

過去には、被リンクの数が多ければ多いほど良質なサイトだと判断されていました。

しかし、現在Googleが最も評価するサイトは「ユーザーのニーズに応えるサイト」です。

とはいえ、自社サイトがユーザーのニーズに応えられているのか判断してもらう為には、自社サイトをGoogle(クローラー)にチェックしてもらう必要があります。

つまり、内部対策を行い、ユーザーが価値を感じられるコンテンツの作成や、サイト内の構造を最適化する。

それと並行して、外部対策を行い、自社サイトへクローラーが訪れやすくなるよう、良質な被リンクを集めることが重要なのです。

内部対策と外部対策、どちらかだけに取り組んでいても検索順位を上げることには繋がりません。

どちらの対策もバランスよく取り組めるようにすることが大切です。

※被リンクの質をチェックするには

被リンクの質をチェックする方法として、最も手軽なのがGoogle Search Consoleを活用する方法です。

以下の手順で操作することで、被リンクリストを取得することができます。

左メニューにある「リンク」をクリック>「外部リンクをエクスポート」>「最新のリンク」>CSVでダウンロード、もしくはGoogleスプレッドシートで展開するかを選択

ここで得られる被リンクリストでは、下記2点を調べることができます。

  • リンク数の最も多いリンク元
  • 最も多くリンクされているコンテンツ

簡単にチェックすることができるため、定期的にチェックする習慣をつけるようにしましょう。

習慣化することで、質の低い被リンクからの影響を防ぐことに繋がります。

今すぐできる!外部対策

今すぐできる!外部対策

検索順位を上げるためには、外部対策が必要不可欠だとお伝えしました。

では、SEOの外部対策にはどんな方法があるのか。

具体的に挙げられる対策として、下記の4つがあります。

  • SNSを活用する
  • サテライトサイトを作成する
  • 相互リンクを依頼する
  • 高品質なコンテンツを作成する

それぞれ詳しくみていきましょう。

SNSを活用する

SEO効果が期待できる外部対策として、SNSの活用が挙げられます。

TwitterやFacebook、Instagramなど、現在はSNS戦国時代と呼ばれるほど多種多様なSNSが登場しています。

特に10代から20代は、1日の中でSNSやインターネットから情報を仕入れる割合が最も多く、テレビ視聴時間と比べ約2倍の割合となっています。
(参照:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-55237/

また、主要SNSの全世界利用者数はFacebookが約20億人、Twitterが約3.5億人、Instagramが約8億人とされています。

これだけのユーザーに対して自社サイトの拡散を狙えれば、自然なリンクの獲得に繋がる可能性が高まるでしょう。

さらに、SNSを活用するポイントは以下の2つ。

  • 自社サイトに関連するユーザーへアプローチする
  • 更新頻度を多くする

自社サイトに関連するユーザーへアプローチする

自社サイトに関連するユーザーと、SNSを通してコミュニケーションを図ることが大切です。

例えば、自社サイトの宣伝にSNSを活用する場合、自社サイトに関連しないユーザーのフォロワーばかりでは、宣伝効果を見込むことができません。

さらに、自社サイトに関連性の高いユーザーを多く集めることができれば、より多くの共感性を集めることにもなります

その結果、リツイートや情報のシェアへと繋がっていくため、SNSを活用して間接的なSEO効果を得るには、自社サイトに関連するユーザーへのアプローチは欠かせません。

更新頻度を多くする

SNSを活用する場合、更新頻度を多くすることもポイントです。

コンスタントに投稿されることで、それだけユーザーの目に触れる数も多くなるのはもちろん、既存ユーザーの囲い込みにも繋がります。

SNSの活用はSEOに直接影響を及ぼすことはないものの、SNS経由の訪問者が増えて、ブックマークされたり、外部サイトからのリンクを獲得できるようになります。

自然な被リンクが増えることで、Googleからの評価も高まり、検索経由の訪問者を増やすことにも繋がるでしょう。

自社サイトの認知拡大にも繋がるため、ぜひSNSを活用することをおすすめします。

サテライトサイトを作成する

サテライトサイトとは、集客やSEO対策を目的に、メインサイトとは別に製作したサイトのことです。

サテライトサイトを活用するメリットは2つ。

  • メインサイトへの流入数を増やせる
  • メインサイトへの被リンク数を増やせる

それぞれみていきましょう。

メインサイトへの流入数アップ

サテライトサイトは、メインサイトとは異なるドメインを利用し、メインサイトのSEO対策や流入数アップを目的として作成します。

例えば、メインサイトが「ダイエット」に関するサイトであった場合、サテライトサイトでは「二の腕ダイエット」「足痩せダイエット」のテーマで作成するようなイメージです。

サテライトサイトにメインサイトへのリンクを張ることで、メインサイトで獲得できなかったユーザーの流入を増やせるということです。

メインサイトへの被リンク数アップ

先述したように、サテライトサイトにメインサイトへのリンクを張ることで、メインサイトの被リンク数を増やすことができます。

ただし、サテライトサイトを量産し、メインサイトへ向けたリンクの数だけ増やすことは、Googleからペナルティ判定を受ける可能性が高いため注意が必要です。

サテライトサイト自体の質も、SEOにおいては重要であることを忘れないようにしてください。

より効果のあるサテライトサイトを作るためにも、メインサイト同様に、サイトの作りこみを徹底してください。

サテライトサイト自体の質も、SEOにおいては重要な指標となります。

メインサイトよりも専門的に掘り下げたコンテンツを作りこみ、オリジナリティを加えることで、リンクとしての価値が上がり、結果としてCVに繋がるでしょう。

サテライトサイトで注意すべき点

サテライトサイトのコンテンツの質はもちろん、メインサイトとの関連性を持たせるようにすることが大切です。

全く関連のないサイトであっては、メインサイトへの流入は見込めません。

それだけではなく、関連性のないリンクが多数あることで、ユーザーから不信感を持たれてしまうことだってあります。

不必要にサテライトサイトを量産することは、結果としてユーザーの離脱に繋がるということを忘れないようにしましょう。

相互リンクを依頼する

相互リンクとは、お互いのサイトにサイトへのリンクを掲載することです。

相互リンクを活用することで、外部サイトからの流入数増加や、検索順位上昇の効果が期待できます。

相互リンクを依頼する方法は、大きく分けて以下の2つに分類できます。

  • 相互リンク募集サイトを活用する
  • 自ら他サイトへ相互リンク掲載のアプローチをする

それぞれみていきましょう。

相互リンク募集サイトを活用する

相互リンク募集サイトとは、相互リンクを掲載したいサイト同士をマッチングさせるためのサイトです。

具体的には、下記のようなサイトが挙げられます。

リンクくん

相互リンク募集

様々な相互リンク募集サイトがありますが、

  • 自社サイトに関連性のあるサイト
  • 利便性の高いサイト

上記2点を意識して、相互リンクを依頼するようにしましょう。

自ら他サイトへ相互リンク掲載のアプローチをする

自社サイトの露出を高めるために、他サイトへアプローチ(営業)をするのも一つの方法です。

ここで気をつけたい点は、繰り返しになりますが、過剰なリンク交換や、自社サイトと関連性のないサイトとの相互リンクはNGだということ。

Googleからも関連性のない相互リンクはペナルティの対象になると発表されており、ユーザビリティを無視した相互リンクの設置は逆効果になる可能性が高いため注意しましょう。

高品質なコンテンツを作成する

上記に挙げた対策を実施したところで、コンテンツの質が低ければSEO効果は期待できません。

外部対策を実施した結果、クローラーが頻繁にサイトへ訪れるようになったとしても、高品質なコンテンツでなければ、悪い評価をつけられてしまう可能性だってあります

高品質なコンテンツを作成するためにも、改めて以下の内容を意識してください。

  • ユーザーのニーズに応えらえているか
  • 嘘偽りのない情報提供ができているか

内部対策にも関連してきますが、外部対策をする目的はGoogleから高評価を得るためです。

故に、Googleが評価すると公式に発表している「ユーザーに評価されているコンテンツ」を作成することは必須になると言えるでしょう。

やってはいけない外部対策

やってはいけない外部対策

今すぐできる外部対策の中でも少し触れましたが、やってはいけない外部対策も存在しています。

誤った外部対策をして自社サイトの評価を下げることがないよう、改めて理解して起きましょう。

被リンクの購入

被リンクを購入することは絶対に止めましょう。

現在も被リンクを販売する業者やサイトは存在していますが、購入した被リンクを掲載することで、Googleからペナルティ判定を受けてしまいます

万が一、被リンクを購入している場合は、直ちにリンクの否認申請を行ってください。

リンクの否認は、Google Search Console内にある「リンク否認ツール」を活用しましょう。

関連性のないサイトからのリンク

サテライトサイトの項目でもご説明したように、関連性のないサイトからの過度なリンクもペナルティの対象になる可能性が高いです。

自社サイトに関連性のないリンクが設置してある場合、それはユーザーの利便性を損なうだけのものになります。

  • ユーザーにとってメリットのあるリンクか
  • サイトの評価を高めるためのリンクになっていないか

この点を常に意識して、リンクの設置を行うようにしましょう。

質の低いサイトからのリンク

関連性のないサイト同様、質の低いサイトからのリンクも自社サイトの評価を下げることに繋がり兼ねません。

Googleから質が低いと判断される基準は、主に下記5つの項目に当てはまるサイトです。

  • コンテンツが薄い(ユーザーの疑問を解決できるコンテンツが提供できていない)
  • 独自性がない
  • 文章が不自然
  • 広告の割合が多い
  • サイトの設計が分かりにくい

先述したように、Google Search Consoleを活用することで、被リンクの質を確認することができます。

こうした条件に当てはまるサイトからのリンクは受けていないか確認することはもちろん、自社サイトも上記項目に当てはまらないかチェックしてみましょう。

まとめ

まとめ

SEO外部対策の方法についてご説明しました。

SEOで順位を上げるためには、内部対策と外部対策を並行して実施することが大切です。

外部対策の中にはペナルティを受けてしまうものもあるため、正しい対策の取捨選択を行う必要がありますが、まずはご紹介した4つの外部対策からチャレンジしてみてください。

それができれば、検索結果で上位表示を狙うことができるようになるでしょう。

関連記事

  1. SEO

    SEO対策とは?意味がない施策と今すぐできるたった3つのこと

    SEO対策という言葉は聞いたことがあっても、具体的に何をすればいいのか…

  2. SEO

    ページランクが廃止?SEO強化に繋がるページランクの捉え方

    SEO対策を担当する方やウェブ管理者であれば、ページランク(page …

  3. SEO

    モバイルフレンドリーはSEOにどう影響する?対応方法は?

    スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及により、モバイル端末…

  4. SEO

    SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイント

    SEO対策はいろいろありますが、実は「webサイトの素材であるファイル…

  5. SEO

    SEOとリスティング、どちらが効果的?メリット・デメリットを比較

    「SEOとリスティング、Web集客にはどちらを使うほうが良いのか?」…

  6. SEO

    【YahooのSEO対策】Googleとの違いは?

    SEO対策といえば、検索エンジンのひとつであるGoogleでの検索結果…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    SEO対策になるURLのポイント3つ:キーワード・長さ・階層
  2. SEO

    SEO対策になるカテゴリ分けの4つのポイント
  3. SEO

    厳選!SEOライティングのコツはたった3つだけ!
  4. SEO

    SEO対策に効果的なサイトマップを作るなら?
  5. SEO

    SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイント
PAGE TOP