fbpx

SEO

SEO評価を上げるには検索エンジンに画像の情報をテキストで伝えよう

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

良質なコンテンツを作成しようと思うと、必然的に文章ボリュームが増加することがあります。

しかし文章がだらだら続いているだけのコンテンツは、なかなかすべて読む気にならないのがユーザーの心理です。

そこで文章の間にうまく画像を挿入することで、より文章の示す内容が伝わりやすくなったり、デザイン上文字を目立たせることができたりします。

ただし、ただ画像を配置すれば良いというわけではありません。

SEO効果を得るためには、Googleガイドラインに沿って適切に画像を使う必要があります

今回は、SEO評価を上げるための画像の使い方や、検索エンジンに画像の情報をテキストで伝える方法についてご紹介します。

SEO評価を上げる画像の使い方とは


例えば、Googleで「SEO 画像」と検索すると、通常の検索結果のほかに画像やニュース、動画なども表示されるのは、皆さんご存知かと思います。

画像に関しても、コンテンツと同様、検索結果で表示される可能性を高めるには「ユーザーの利便性を提供すること」が重要です。

Googleのガイドラインでは、次の6つの項目を考慮してwebページを作ることを推奨しています。

  • 適切なコンテキストを提供する
  • 配置を最適化する
  • 重要なテキストを画像に埋め込まない
  • 有益で質の高いサイトを作成する
  • あらゆる端末に対応したサイトを作成する
  • 画像用に優れたURL構造を作成する
    (SearchConsoleヘルプGoogle画像検索に関するおすすめの方法より引用)

(1)適切なコンテキストを提供する

コンテンツに画像を入れる場合には、webサイトの内容とマッチした画像を使いましょう

例えば、オムライスの作り方を紹介するwebページであれば、使用する材料や調理風景オムライスが盛り付けられている画像などが適しています。

また、別のサイトで使用している画像を流用するのではなく、オリジナルの画像を使用したほうがよりSEO評価が得られるでしょう

(2)配置を最適化する

画像はどこに配置しても良いわけではありません。

オムライスの作り方を紹介するwebページで例えると、材料を説明しているところには材料の画像作業手順を説明しているところには調理風景など、できる限り画像は、その画像の内容を説明している文章の近くに配置すると良いです

さらに最も重要だと思われる画像は、ページ上部に配置することをおすすめします

先ほどの例でいうと、オムライスの完成した画像が好ましいでしょう。

(3)重要なテキストを画像に埋め込まない

コンテンツの見やすさなどビジュアルを重視するあまり、テキストを画像に埋め込むことはおすすめできません

画像にて文章表記をしてしまうと、Googleが正確に内容を読み取ることができず、正しく評価されない可能性が出てきてしまうからです。

SEOで評価を得るためには、画像ではなく、表などを活用しテキストで内容を記載するようにしましょう

他にも見た目はきれいになるかもしれませんが、ページの見出し部分やメニュー項目などを画像で配置するのは避けたほうが良いです。

(4)有益で質の高いサイトを作成する

いくらオリジナルの画像で、独自性のある情報をユーザーに提供していたとしても、コンテンツ全体の品質が低ければGoogle画像検索で表示されるのは難しいでしょう

あくまで高品質なコンテンツを提供することが重要です

質の高いコンテンツを提供していれば、画像のスニペットを作成するために使われるケースもありますので、よりユーザーの目に触れやすくなり、webサイトの訪問率にアップに繋がります。

(5)あらゆる端末に対応したサイトを作成する

画像検索は、デスクトップ以上にスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で利用されるケースが多いです

そのため、モバイル端末の画面サイズに対応したサイト作り、つまりモバイルフレンドリーに対応することがSEO対策として重要になってきます

モバイルフレンドリーテストを使って、サイト上のwebページがモバイルフレンドリーになっているかどうかを簡単に確認できますので、必ずチェックしましょう

万が一対応できていなかった場合でも改善すべき内容が表示されますので、修正が必要な箇所についてはきちんと対応すれば問題ありません。

参照:モバイルフレンドリーテスト

(6)画像用に優れたURL構造を作成する

Googleは画像の内容を把握するために、URLやファイル名を確認しています

SEO評価が上がるURLとは、キーワードが盛り込まれており、簡潔かつ階層は浅く設定されています。

例えば、オムライスが紹介されているwebサイトなのに、次のようなURLになっているとしましょう。

「https://www.gohan.jp/shopping/shoses/omurice」

すると、ショッピングサイトの靴のページなのにオムライスの情報が入っているとGoogleから判断され、情報が整理されていないためにSEO評価が下がってしまう恐れがあります。

URLの決め方については、こちらの記事で詳しく説明していますのでご参照ください。

SEO対策として画像にテキスト情報の設定も忘れずに行いましょう


画像を説明するテキストを設定しておくことで、webサイトを閲覧する際に画面の読み上げソフトを利用しているユーザーや、ネット環境が原因で画像がスムーズに表示されないユーザーなど、画像を確認できないユーザーの方に画像情報の提供する方法として役に立ちます。

「代替テキスト」といわれるものです。

代替テキストを設定する際は、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

  • キーワードを適切に使用
  • コンテンツに沿った情報を設定する
  • alt属性にキーワードの羅列はしない

    良い例と悪い例は次のとおりです。

最も良い例:

<imgsrc="洋服.jpg"alt="黒いシフォンのワンピース"/>

良い例:

<imgsrc="洋服.jpg"alt="黒い洋服"/>

悪い例:

<imgsrc="洋服.jpg"/>

悪い例:

<imgsrc="洋服.jpg"alt="洋服ワンピース黒いワンピースシフォンワンピース"/>

画像のファイル名も同じく、写真1.jpgや0001.jpなど適当な名前よりも、ファイル名を見てどのような画像なのか判断できるような名前をつけたほうがSEO評価が高くなります

ただし、キーワードをただたくさん並べただけのファイル名は、スパムとみなされる可能性がありますので注意しましょう

alt属性やファイル名の付け方など、こちらの記事で詳しく説明していますのであわせてご参照ください。

画像を配置する場合の注意点


画像を配置する際は、高画質な画像を選ぶようにしましょう

画質の粗い画像よりも画質の良い画像のほうが目を引きますよね。

ただし、高画質な画像を大量に配置したことが原因で、webサイトの読み込み速度が遅くなる可能性があります

webサイトがなかなか開かないと、ユーザーの離脱にも繋がり、SEO評価を下げてしまいます

SEO評価を上げるために高画質な画像を配置したのにも関わらず、webページの表示スピードが遅くなってSEO評価を下げる原因になってしまっては、本末転倒です。

PageSpeedInsightsでサイトの読み込み速度がどのくらいか確認することができますので、コンテンツを作成したら必ずチェックするようにしましょう

参照:PageSpeedInsights

まとめ


コンテンツに画像が配置されていることで、ユーザーがwebページを読みやすくなったり、記載されている内容を理解しやすくなったりします。

ただしSEO評価を上げるためには、Googleのガイドラインに沿って画像を配置することが大前提です

画像を配置して終わりではなく、画像には必ず代替テキストを設定しましょう

画像の情報をわかりやすく伝えるためには、キーワードを適切に盛り込み、コンテンツに沿った情報を設定することがポイントです。

関連記事

  1. SEO

    SEOキーワードは入れ方次第!SEO評価につながる設定方法

    検索エンジンで「SEO キーワード 入れ方」といった検索をするときに使…

  2. SEO

    メタキーワードはSEOに関係ない?本当の事を教えます

    ウェブ管理者がSEO対策を施す際に、メタタグの一種であるメタキーワード…

  3. SEO

    SEOに効果的な3つのタグ!正しく設定するためのポイントとは?

    SEO対策をする上で、検索エンジンにwebサイトの内容を正確に伝えるた…

  4. SEO

    SEOに強い記事をつくる方法はたった1つだけ!改善サイクル

    長い目で見ると一番のSEO対策は、ユーザーが求める良質な記事を作ること…

  5. SEO

    SEOとSEMはどう違う?効果的に使い分けるポイント

    検索エンジンで自社のwebサイトを上位に表示させるための施策が「SEO…

  6. SEO

    クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?

    検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クロ…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    AMP導入によるSEO対策の効果とは?メリット・デメリット
  2. SEO

    SEO対策しても検索順位が下がるのはペナルティ?すぐにできる対策
  3. SEO

    SEO対策を始めよう!初心者のためのSEO対策のポイントとは?
  4. SEO

    SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向もチェック
  5. SEO

    SEOと文字数の関係について。上位表示に必要な文字数は?
PAGE TOP