fbpx

SEO

SEO対策になる「h1(見出しタグ)」の取り扱いポイント5つ!

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

SEO対策として有効だと言われている施策の一つに「webサイトを構成するHTMLタグを適切に使用すること」というものがあります。

そのHTMLタグの中でも、うまく扱えていないケースが目立つのが見出しタグ「h1」です。

見出しタグ「h1」とは何か、適切に「h1」タグを使い、SEO評価を上げるにはどうすればよいかを見ていきましょう。

SEO対策になる見出しタグ「h1」とは?


そもそも、見出しタグ「h1」とは、webサイトを記述するための言語「HTML」(HyperTextMarkupLanguage:エイチティーエムエル)の記述の一つです。

HTMLは、文字や画像などの情報を記述する際によく使われます

半角の山かっこ「<」と「>」の形で挟まれたものは「タグ」と呼ばれ、役割によって使い分けます

例えば、タイトルを表すtitleタグは次のようにタイトルを表す役割で使います。

タイトルの内容を表す文章はここに書きます

見出しタグ「h1」のhは「heading」(見出し)の略で、数字の「1」は重要度が一番高いことを示しています

h1の他に、見出しタグは、もう少し重要度の下がる「h2」「h3」などもあります。

使い方としては、同じ重要度のものを同じタグで表現します。

この記事のh1タグは、このように書かれています。

【SEO対策になる「h1(見出しタグ)」の取り扱いポイント5つ!

このページの要素を具体的にあげてみましょう。

h1要素:SEO対策になる「h1(見出しタグ)」の取り扱いポイント5つ!

h2要素

SEO対策になる見出しタグ「h1」とは?

SEO評価を上げるh1タグの取り扱いのポイント5つ

h3要素

(1)1ページにh1タグは1つにする

(2)タイトルの文章≒h1タグの文章にする

(3)検索キーワードをh1タグの文章に盛り込む

(4)h1タグの文章はwebページの内容を表現したものにする

(5)h1タグの文字を隠したりサイズを小さくしたりしない

ここまでで「h1タグは、そのページの中で最も重要な文章に対して使われるもの」ということを押さえておきましょう。

h1タグが正しく使われていないということは、そのwebページに本でいうところの中表紙に落丁や誤植があるようなものです。

検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クローラー」は、HTMLなどのタグを元にwebサイトを見て回るため、適切な使用をしないとSEO評価が下がりやすくなる部分です

SEO評価を上げるh1タグの取り扱いのポイント5つ


SEO評価を上げるh1タグの取り扱いポイントは5つあります。

一つ一つ、見ていきましょう。

(1)1ページにh1タグは1つにする

h1タグは、そのページ内で一番重要な見出しです。

つまり、1つのページに1つだけで十分なのです

h1を単に「見出し1」として勘違いし、1つのページで多数使うケースが多く見られます。

1つのwebページに最重要な見出しが複数あるということは、複数のコンテンツがある、ということを意味します。

訪れた人間のユーザーは見た目さえ整っていれば気にしないかもしれませんが、自動ロボットであるクローラーはどこをどう見ていけばよいか迷って、評価に時間がかかってしまいます

結果、h1を複数使用しているページはSEO評価が下がってしまいがちです。

(2)タイトルの文章≒h1タグの文章にする

タイトルの文章、つまりtitleタグで記述された文章と、h1タグで記述する文章は、ほとんど同じであることが望ましいです

この記事で言えば、次のようになります。

titleタグ:SEO対策になる見出しタグ「h1」の取り扱いポイント5つ!|HACKTHEHACKハック・ザ・ハック

h1タグ:SEO対策になる見出しタグ「h1」の取り扱いポイント5つ!

検索エンジンでヒットした時に表示されるのは、titleタグの文章です。

titleタグには、webサイト名を入れたり、コンテンツのシリーズ名を入れたりして、h1タグと区別した文章にすると、なおよいでしょう

本でいうところの表紙にtitleタグの文章があり、該当ページに飛ぶと、中表紙にh1タグの見出しの文章があるイメージです。

この使い分けは一見、重複していて無駄に見えるかもしれませんが、HTMLに詳しい方なら、titleタグとh1タグの記述場所の違いで納得できるでしょう。

titleタグはhead部分に記述し、h1タグはbody部分に記述します。

webページの中身はbody部分に書くという大原則があるので、どちらも必要な記述になります。

(3)検索キーワードをh1タグの文章に盛り込む

自動巡回ロボットのクローラーは、h1タグを重要視して評価します。

検索キーワードは必ず、h1タグの文章に盛り込むようにしましょう

なお、SEO対策のキーワード選定について知りたい方は次をご覧ください。

(4)h1タグの文章はwebページの内容を表現したものにする

h1タグの使い方として当然ではありますが、そのwebページを表した文章である必要があります

クローラーに一致していないと評価された場合、当然SEO評価が下がります

なお、文字数は32文字以内におさめるとよいでしょう

タイトルの文字数や効果的なタイトル設定についてもっと知りたい方は次をご覧ください。

(5)h1タグの文字を隠したりサイズを小さくしたりしない

webサイトのデザインとしてh1タグの文字をサイズ0にして、隠してしまうと、Googleのガイドラインに違反します

また、h1タグは、h2タグやh3タグなどに比べて大きく表示されるように設定されています。

h2よりh1が小さくなるように見た目を設定するのも同様に、SEO評価を下げる要因になります。

タイトルの文字を見せたくない、目立たせたくないというのは、大方、画像を使いたいケースでしょう。

デザインを含めた文字の画像をh1タグの中に設定したい場合、その画像内の文章をalt属性で指定する必要があります

クローラーは画像を認識できません。

alt属性で指定された文章を認識し、評価することになります

なお、alt属性は、webサイト内にある画像の説明を記述するHTML要素で、何かしらの問題でユーザーが画像を読み込めなかった場合に表示される画像の説明文としても使われます

h1タグの要素が画像でもalt属性で説明文を指定してあれば、h1タグが文章で書かれた場合とSEO評価は変わりません。

文字画像と書かれた「mojigazo.png」をh1タグ内に記述する例

SEOに効果のある画像の使い方についてもっと詳しく知りたい方は次をご覧ください。

まとめ


今回は、見出しタグ「h1」とは何か、適切に「h1」タグを使い、SEO評価を上げるにはどうすればよいか、ということお話し致しました。

重要なタグだからといってh1タグを何度も設定したり、故意に隠したりすると、逆にSEOの評価を下げることに繋がります

また、いくら良質なコンテンツを作っても、そのタイトルが空欄だったり間違っていたりしたら、検索順位は上がりません

h1タグの取り扱いのポイント5つを押さえ、SEO評価の高いwebサイトを作りましょう。

他にもSEO対策に使えるHTMLタグを知りたい方は、次もあわせてご覧ください。

関連記事

  1. SEO

    【YahooのSEO対策】Googleとの違いは?

    SEO対策といえば、検索エンジンのひとつであるGoogleでの検索結果…

  2. SEO

    ページランクが廃止?SEO強化に繋がるページランクの捉え方

    SEO対策を担当する方やウェブ管理者であれば、ページランク(page …

  3. SEO

    HTTPS化(常時SSL化)のメリットとは?SEOへの影響も解説

    「HTTPS化(常時SSL化)ってやるとメリットがあるの?」「…

  4. SEO

    SEOにおける競合分析の重要性とは|オススメの分析ツール紹介

    SEO対策をして検索順位をあげるためには、ターゲットキーワード…

  5. SEO

    クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?

    検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クロ…

  6. SEO

    SEO的に良いのはページ分割?1ページにまとめる?おすすめの方法

    SEO効果が見込めるような内容の充実したwebページを作成しようとする…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    発表!検索順位別のクリック率!CTR増加のためにできる3つのこと
  2. SEO

    SEO対策の基本!関連キーワードの選定方法とは?
  3. SEO

    SEO対策のキーワード数は2〜4個が有効!その理由とは
  4. SEO

    SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向もチェック
  5. SEO

    SEOで重視するべきタグと使用方法
PAGE TOP