fbpx

SEO

SEO対策になる被リンクとは?その効果と獲得方法

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

SEO対策の中の一つに、外部のwebサイトを経由して自社webサイトに飛ばす「被リンク」(ひりんく)があります。

SEO対策になぜ被リンクが有効なのか、SEO評価をアップさせる被リンクとはどういったものかを見ていきましょう。

SEO対策に「被リンク」が有効な理由


SEO対策に被リンクが効果的と言われるのには、外部のwebサイトを経由して自社webサイトへ飛ばす「被リンク」という仕掛けが、「第三者からのおすみつき」「推薦」の意味合いがあるためです。

そもそも「リンク」とは、インターネット上のwebサイトへ飛ばす仕掛け「ハイパーリンク」(Hyperlink)の略称です。

「被保険者」「保険を受ける者」という意味であるように「被リンク」「リンクされる、リンクを受ける」というリンクの受け身表現にあたります。

第三者である外部のwebサイトからリンクされるということは「このwebサイトがおすすめだからみんな見てね!」と高評価レビューをつけられているのと同じ意味合いがあります。

そのため、質の良い被リンクの数が多いwebサイトほど、SEO評価が上がり検索結果にて上位表示されるようになっています。

ただし、過去にSEO評価アップを目当てに、ダミーwebサイトを作って被リンクを大量に稼ぐなどの悪質な手口が横行したこともあり、現在、被リンクはかつてほどSEO評価に影響しないようになっているようです。

なお、自社webサイトから内部、外部問わず、どこかのwebサイト・ページへのリンクのことは「発リンク」と呼びます。

自社webサイトから「発リンク」を多数したからといって、リンク先のwebページのSEO評価には影響しても、リンク元の自社webページのSEO評価には影響しません。

SEO評価をアップさせる被リンクとは


SEO評価をアップさせる被リンクは、量があればいいというものではなく、良質なものでなければ意味がありません

地道ではありますが、次のような良質な被リンクを増やし、それ以外の悪質な被リンクは外すようにすることがSEO評価につながります。

良質な被リンクの例

・コンテンツと関連性の高いコンテンツからの被リンク
・信頼できるサイトからの被リンク など

また、良質な被リンクであると認められるためには、リンク設置の作法を守っている必要があります。

具体的には、webサイト化するコーディング作業の時に、リンクに表示させる記述「アンカーテキスト」を使用してリンクするようにしてください。

なお、Google Search Consoleを活用すれば、現在どのくらい被リンクの数があるのかの確認や悪質な被リンクに対して否認ができますので、こまめにチェックしましょう。

悪質なリンクの対処を放っておくと、自社のwebサイトのSEO評価が下がるだけでなく、最悪の場合、ペナルティを受ける可能性もあります

次のような悪質な被リンクは、なるべく外すように対応することが望ましいでしょう。

もちろん、悪質なものに該当するwebサイトであっても、被リンクによってユーザーが大量に流入し、集客につながる例外もあるため、ケースバイケース、外すタイミングなども考えて、対応する必要があります。

悪質な被リンクの例

・アンカーテキストを使用していない被リンク

・コンテンツと全く無関係なwebページからの被リンク

・ブログなどのコメント欄や掲示板からの被リンク

・自動生成ツールを使ったコンテンツが多く、Googleが低評価にしそうなwebサイトからの被リンク

・海外のスパムサイト など

ペナルティについて詳しく知りたい方は次もあわせてご覧ください。

良質な被リンクを増やすには


被リンクはレビューのようなもの、という例えをしましたが、良質な被リンクを増やすために、レビューしてもらう人を増やすための施策が有効です。

人が集まりやすいインターネット上のコミュニティを活用しましょう。

SNSボタンの設置

あなたのwebサイトにFacebookやTwitter、はてなブックマークやPocketなどのSNSボタンを設置するのも効果的な方法のひとつです。

訪れたユーザーに共有してもらうことで被リンクが増えます。

メールマガジンや会員アプリ

メールマガジンや会員アプリなどWebサイト以外の自社メディアで見込み客を囲い込む、自らコミュニティを作り出すという発想も重要です。

興味・関心の高いユーザーを囲い込み、その見込み客のコミュニティに向けて情報発信するだけでリンクは参照され、かなりの効果が期待できるでしょう。

有料広告

もちろん、自社webサイトへ訪れるユーザーの母数を増やすことも忘れてはいけません

有料広告にも、検索エンジンに表示させるならGoogleアドワーズ広告Yahooプロモーション広告など、SNSで表示させたいならFacebook広告Twitter広告など、いろいろあるため、客層によって使い分けるとよいでしょう。

自社メディア

広告とは別に、自社メディアを駆使し、キャンペーンを仕掛けるような集客も有効的です。

しかし冒頭でも説明した通り、被リンクは外部のwebサイトからのリンクです。

同じwebサイト内のリンクの場合、内部リンクとして扱われ、SEO評価には影響しません。

また、既存のドメイン(「○○.com」や「××.jp」など)をテーマによって分割し、独立させる「サブドメイン」を運営している場合も、内部のwebサイトと認識され、被リンクを行ってもSEO評価に影響しません。

別ドメインで高評価なwebサイトを運営しているのであれば、現時点では、そのwebサイトからの被リンクをした場合、良質なリンクとしてカウントされます。

実質、自作自演になりますので、行う場合はGoogleガイドラインをよく読んだ上で慎重に行なってください。

なお、サブドメインやドメイン評価について詳しく知りたい方は、次の記事もあわせてご覧ください。


まとめ


SEO対策に効果的な「被リンク」について見てきました。

被リンクが第三者からの「お墨付き」の意味であること。

SEO評価をアップさせる良質な被リンクとは、作法に則ったアンカーテキストの方法で作られており、コンテンツとの関連性や信頼性の高いwebサイトからの被リンクであること

それ以外の悪質な被リンクは定期的に確認して外さないと、ペナルティを受ける可能性があること。

この3点をしっかり押さえて、良質な被リンクを増やしていきましょう。

関連記事

  1. SEO

    SEO対策になるカテゴリ分けの4つのポイント

    あなたはwebサイトのカテゴリ分けをどのように行っていますか?…

  2. SEO

    クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?

    検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クロ…

  3. SEO

    発表!検索順位別のクリック率!CTR増加のためにできる3つのこと

    Googleで検索した際の検索順位ごとのクリック率を知っていますか…

  4. SEO

    404エラーページを工夫してSEO評価につなげよう

    検索結果に表示された気になるタイトルのリンクを開いたとき、webサイト…

  5. SEO

    SEO対策のキーワード数は2〜4個が有効!その理由とは

    GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、自社で運営しているwe…

  6. SEO

    SEO対策になる構造化データマークアップ:その効果と実装方法

    SEO対策の一つに、埋め込み用の情報「構造化データ」を設定(マークアッ…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?
  2. SEO

    SEO評価をアップさせる内部施策と外部施策とは
  3. SEO

    SEO対策しても検索順位が下がるのはペナルティ?すぐにできる対策
  4. SEO

    厳選!SEOライティングのコツはたった3つだけ!
  5. SEO

    SEOで最も効果的なタイトル文字数は?32文字以内と言われる理由
PAGE TOP