fbpx

SEO

SEOキーワードは入れ方次第!SEO評価につながる設定方法

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

検索エンジンで「SEO キーワード 入れ方」といった検索をするときに使う「検索キーワード」を意識したコンテンツ作りが、SEO評価を上げる近道と言われています。

ですが、それ以上に重要なものがあります

検索でヒットしやすくなるように「コンテンツ内にキーワードをどう入れ込むか」ということです。

SEOキーワードの入れ方次第で、SEO評価は変わってきます

この記事ではSEO対策に必要なキーワードの基本を押さえつつ、SEO評価につながるキーワードの入れ方を見ていきましょう。

SEO対策に必要な「キーワード」とは?


普段、検索するときに入力して使う「キーワード」は、どうやって決まるかご存知でしょうか。

検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クローラー」が、webサイト内のコンテンツの文章の中から関連する言葉を拾い上げます

それがキーワードです。

一般的な言葉であるため、それがSEO対策のキーワードであることを示す意図から「SEOキーワード」とも呼ばれることも多いようです。

せっかくSEOキーワードを意識したコンテンツを作っても、クローラーが認識しなければ意味がありません

そのため、SEO対策にはwebページのコンテンツ内にキーワードを適切に入れることが求められます。

なお、SEO対策のキーワード選定について知りたい方は次をご覧ください。

SEOキーワードの入れ方のポイントは「要素ごとに入れる」こと!


SEOキーワードをコンテンツに盛り込むには、やみくもにキーワードをたくさん詰め込めばいい訳ではありません

コンテンツの持つ、それぞれの「要素」に、必ず1つ以上入れ込むことが重要です。

コンテンツの要素は、大きく以下の5つに分かれます。

  • タイトル
  • コンテンツの説明文(ディスクリプション)
  • 大見出し
  • 小見出し
  • コンテンツの本文

この5つの要素は、webサイトで文字や画像などの情報を記述するときによく使われる言語「HTML」(HyperTextMarkupLanguage:エイチティーエムエル)の記述による分類で、それぞれの役割によって使い分けます。

SEOキーワードは「SEO キーワード 入れ方」で、この記事のコンテンツを例に説明していきますので、ひとつひとつ見ていきましょう。

(要素1)タイトル(titleタグ)

タイトル(titleタグ)は、検索結果で表示される文章です

自動巡回ロボットのクローラーは、同じレベルであれば先にある情報を重要と認識します。

人が見ても不自然にならない程度に、SEOキーワードができるだけ前に来るように盛り込むとよいでしょう

webサイト名を入れたり、コンテンツのシリーズ名を入れたりして、この後ご紹介する大見出し(h1タグ)と区別した文章にすると、なおよいでしょう。

SEOキーワードは入れ方次第!SEO評価につながる設定方法|HACKTHEHACKハック・ザ・ハック

(要素2)コンテンツの説明文(meta descriptionタグ)

コンテンツの説明文(meta descriptionタグ)は、検索結果でタイトルの下に表示されます

コンテンツの位置付けとして、目的、対象となるユーザーなどを説明することが一般的です。

1つ以上盛り込めていればSEOキーワードをたくさん入れる必要はなく、タイトルと整合性がある文章の方が評価されます

なお、この記事ではコンテンツの画面で、目次の上に同じ文章が表示されていますが、これはデザイン上、同じ文章をコンテンツ内に表示させているだけで、meta descriptionタグの内容が自動で表示されているわけではない点は注意してください

(要素3)大見出し(h1タグ)

大見出し(h1タグ)は、コンテンツ画面内で最も重要度の高い文章です

そのため、多くの場合、タイトルとほぼ同じ内容であることが一般的で、コンテンツ内に一度だけ使われます

タイトルが本の表紙の題名なら、大見出しは本の中表紙にある題名というような関係です。

なお、見出しの重要度、タイトルとh1の役割の違いなど、詳しく知りたい方は次もあわせてご覧ください。

(要素4)小見出し(h2タグ)

小見出し(h2タグ)は、多くの場合、本文中の見出しとして使われます

SEOキーワードが複数である場合、すべての小見出しにキーワードを毎回盛り込むのは難しいでしょう

盛り込む場合は不自然にならない程度にしましょう。

なお、h2タグより重要度を下げたh3タグもあります

例えば、この要素1から5の小見出しはh3タグを使用しています。

h3タグはキーワードを盛り込んでも、SEO評価に影響しませんので、キーワードを盛り込むならh2タグまでで行いましょう。

(要素5)コンテンツの本文

コンテンツの本文のSEOキーワードは出現率で評価されます

コンテンツの本文に、できるだけ意味のある文脈で数を盛り込むことで、SEO対策につながります

ただし、コンテンツ本文に入れ込むことを気にするより、要素1から3までの中に確実にキーワードを盛り込む方が、確実なSEO評価につながります

また、数を気にするあまり、無意味にSEOキーワードを大量に並べたり、ユーザーには見えない隠し文字や小文字で入れたりするのは、Googleガイドラインに反する行為のため、逆にSEO評価が下がります。

悪質な行為と判断された場合、ペナルティとして検索結果に表示されなくなるケースもあるため、注意が必要です。

なお、ペナルティについて詳しく知りたい方は次もあわせてご覧ください。

まとめ


SEO対策に必要なキーワードの基本を押さえつつ、SEO評価につながるようにタイトルやコンテンツ、h1タグにキーワードを盛り込むことが大切です。

ただし、故意にキーワードを増やす行為はペナルティの対象となりますので、絶対にやめましょう

ユーザーからもクローラーからも高いSEO評価を得られるよう、適切にキーワードを入れつつ、良質なコンテンツづくりを意識して行いましょう

関連記事

  1. SEO

    SEOで上位表示させる方法!必ず抑えるべきポイント7選

    あなたがSEOに取り組んでいる理由はなんでしょう。「自社サイトを検…

  2. SEO

    検索エンジン「Bing」のSEO対策はコスパが高い!

    SEO対策は基本的に、検索エンジンごとに行う必要があるため、SEO対策…

  3. SEO

    SEO対策で必須のHTMLタグ7つと、SEOに効果的な使い方

    SEO対策を行うためには、ただ単にキーワードを決めて記事を書くだけでは…

  4. SEO

    noindexとは?SEO対策での効果的な使い方

    noindexは、webサイト全体の品質管理を行う上で、重要度の高いS…

  5. SEO

    SEOスパムと判断される代表的な行為とは?4つのタイプ別に解説

    自社サイトの順位を上げようと、日々SEO対策に取り組んでいる担当者も多…

  6. SEO

    発表!検索順位別のクリック率!CTR増加のためにできる3つのこと

    Googleで検索した際の検索順位ごとのクリック率を知っていますか…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングとは?実践する為にすべき6つのこと
  2. SEO

    SEO評価をアップさせる内部施策と外部施策とは
  3. SEO

    AMP導入によるSEO対策の効果とは?メリット・デメリット
  4. SEO

    noindexとは?SEO対策での効果的な使い方
  5. SEO

    SEO対策になる構造化データマークアップ:その効果と実装方法
PAGE TOP