fbpx

SEO

SEOに強い記事をつくる方法はたった1つだけ!改善サイクル

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

長い目で見ると一番のSEO対策は、ユーザーが求める良質な記事を作ることです。

しかし、記事というのは書いて終わりではいけません。

客観的なデータを踏まえて評価し、書き直すことで初めて「SEOに強い記事」となるのです。

ここでは、SEOに強い記事を作りだす「改善サイクル」をご紹介します。

具体的には、SEOキーワードの選定や記事のゴールなどを含めた記事の書き方から、webサイトで公開された記事を評価する方法、そして、記事を修正するリライトの方法までをどう回していくべきか、見ていきましょう。

SEOに強い記事をつくるには「書きっぱなしにしない」


SEOに強い記事を作るには「1つのwebページに1つの組み合わせの検索キーワードを設定すること」「SEOライティングのコツを守って記事を書くこと」というのは大前提としてありますが、何よりも「書きっぱなしにしないこと」が重要です。

要は書き直し、リライトです。

SEO対策に置いて「リライトが効果的」と言われるのには、既存の記事の内容を書き直す行為自体がテコ入れの意味を持つためです。

記事をうまくテコ入れすれば、ユーザー満足度が上がり、SEO評価が上がります

SEOライティングのコツは実践できるようになるには、慣れも必要です。

一回で成功させようと気を張るのではなく、SEOに強い記事をつくる改善サイクルを着実に回し、根気よく少しずつ記事を強くしていこうとする方が、より確実に記事を「強く」できます

SEOに強い記事をつくる改善サイクルを回そう

SEOキーワードの選定と記事の評価基準を計画する

記事を作る場合、おそらく既に検索用のキーワードが用意されているはずです。

検索キーワードに関連するキーワード、競合のwebサイトをチェックしましょう。

検索キーワードに関連するキーワード「共起語」を含めた内容にすることで、記事が強くなります。

Googleの検索結果画面で、下部に表示される「関連する検索キーワード」に該当する、一緒によく検索されるキーワードが共起語にあたります。

共起語をうまく取り込むことで、ユーザーのニーズを把握しましょう。

元々用意されていた検索用のキーワードと、共起語をあわせた複合のSEOキーワードで記事を作りましょう

なお、複合キーワードの効果について知りたい方は次もあわせてご覧ください。

複合のSEOキーワードで実際に検索し、検索上位の競合となるwebページを確認します。

なお、記事を書く前段階で、既に他の記事がある場合、そのパフォーマンスレポートを参考に、webページの検索順位クリック率(平均CTR)など、達成する目標数値を計画しておくとよいでしょう。

リライトするときの1つの目安になります。

なお、検索結果のSEO評価が安定するには2〜3ヶ月はかかるため、すぐに評価したい場合、条件の似た記事の立ち上がり期の数値を参考に、目標数値を算出した方がよいでしょう

SEOライティングの3つのコツを守って記事を書く

SEOライティングのコツは3つあります。

  • ターゲットユーザーとゴールを決める
  • ゴールに沿ったタイトルとリード文、目次を作る
  • ターゲットユーザーの視点で表現する

この記事をもとにそれぞれ具体例を挙げましょう。

ターゲットユーザー

検索キーワード「SEO 記事」でwebサイトに訪問したユーザー。

おそらくSEOに関する知識は豊富ではない初心者。

web記事をライティングする必要に迫られている、またはweb記事を制作指示担当などで、ライティングの指示を行う必要がある者。

ゴール

記事を読んだターゲットユーザーが、SEO対策になる強い記事をつくる方法を知り、実践できる

タイトル:SEOに強い記事をつくる方法はたった1つだけ!改善サイクル

リード文:この記事のリード文を参照
目次:この記事の目次を参照

SEOを意識したコンテンツの作り方についての詳細は、こちらの記事をご参照ください。

実装した記事を評価する

書いた記事の原稿をwebページ化し、実装します。

原稿をwebページにするとき、適宜、画像を挟むようにしましょう。

ユーザーが途中で読むのをやめて別のページに行く「離脱」をされないように1ブロックに1枚を目安に画像を設置するとよいでしょう

画像に関しては、次もあわせてご覧ください。

また、webページを公開したら、SNSなどで拡散し、外部webサイトからのリンクを受ける「被リンク」を増やし、SEO評価が上がるように努めましょう

記事公開後、記事が検索上位になるまでには2〜3ヶ月は経過観察する必要がありますので、それまで待って、リライトするかどうかを決めてもいいですが、事前に決めていた記事登録直後の立ち上がり期の数値目標と比較し、よいスタートをしているかを評価するのも有効です

webサイトのSEO対策の効果を確認するには、GoogleSearchConsoleで、パフォーマンスレポートを見て、各webページの検索順位やクリック率(平均CTR)などをチェックします。

その時に、検索順位が上位にもかかわらずクリック率が低いページや、検索順位が下位なのにクリック率は高いページは改善が必要かもしれません

記事をリライトして改善する

リライトすべき記事が決まったら、記事のリライトを行います。

リライト対象の記事は、よく見るとSEOキーワードとコンテンツ内容が一致していなかったり、説明している内容に不足があったり、タイトルとコンテンツの中身にズレがあったり、見た目が地味だったりとユーザーファーストでない要因があるものです。

基本的には、SEOライティングのルールを守ることですが、コツはあります。

  • 本文の主旨をタイトルと一致させる
  • 補足説明を追加する
  • 見た目などを強調する
  • 不要な説明を省略する
  • リライト後にタイトルを見直す

リライトの詳しい方法は、次の記事をご覧ください。

なお、リライトはコンテンツにとって最も重要ですが、HTMLタグなどの自動巡回ロボットのクローラー対策も不備がないか、見直すようにしましょう

まとめ


SEOに強い記事をつくりだす「改善サイクル」として、SEOキーワードの選定や記事のゴールなどを含めた記事の書き方から、webサイトで公開された記事を評価する方法、そして、記事を修正するリライトの方法までをどう回していくべきかを見ていきました。

最終的に記事を評価するのはユーザーです

SEOライティングのコツを守り、ユーザー伝わることを第一に、リライトし続けることがSEOに強い記事を生むことにつながります。

関連記事

  1. SEO

    SEO対策のキーワード数は2〜4個が有効!その理由とは

    GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、自社で運営しているwe…

  2. SEO

    SEO対策にサイトの更新頻度は直接影響していない

    WebサイトのSEO対策をする際に、むやみやたらに更新をしても効果はあ…

  3. SEO

    SEO対策になるコーディングとは?

    webサイトを作る「コーディング」作業をどのように行うかは、SEO評価…

  4. SEO

    SEO対策に効果的なサイトマップを作るなら?

    地図のようにwebサイト全体が見渡せる一覧ページ「サイトマップ」を作っ…

  5. SEO

    外部対策もポイント!SEOで順位を上げる外部対策の方法とは

    自社サイトの検索順位を上位にする対策として、SEO対策(検索エンジン最…

  6. SEO

    もはや定番!?モバイルファーストでSEO対策するには?

    スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で利用されることを最優先に…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    厳選!SEOライティングのコツはたった3つだけ!
  2. SEO

    SEO対策のキーワード数は2〜4個が有効!その理由とは
  3. SEO

    SEO初心者でもできる!ページタイトルが決まる簡単3ステップ
  4. SEO

    検索エンジン「Bing」のSEO対策はコスパが高い!
  5. SEO

    SEOスパムと判断される代表的な行為とは?4つのタイプ別に解説
PAGE TOP