fbpx

SEO

厳選!SEOライティングのコツはたった3つだけ!

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

長い目で見ると一番のSEO対策はユーザーが求める良質なコンテンツを作ることです。

そのコンテンツの多くは文字による情報提供がメインであるため、SEO対策された文章を書く技術、いわば「SEOライティング」ができることが必要となります。

ここでは、SEOライティングとは何か、一般的な文章を書く技術である「ライティング」との違いや、webサイトとして加工する「コーディング」との違いを説明し、SEOライティングについて厳選した3つのコツをご紹介します。

ライティングやコーディングとの違いから見る「SEOライティング」のコツ


「SEOライティング」とは、Googleなどの検索エンジンで自社webサイトを上位表示させる「SEO対策」を目的として行う文章を書くことや書く技術のことを指します。

一般的に、書籍などの文章を書く技術「ライティング」と何が異なるかというと、検索エンジンの評価のためにwebサイトを巡回して情報を集める自動ロボット「クローラー」の対策が求められる点です。

書籍の文章を読んで評価するのは人、つまりユーザーだけですが、webサイトの文章を読んで評価するのはユーザーとクローラーとなります

そのため、SEOライティングは、通常のライティングとは異なる技術が求められます。

それがSEOライティング時に求められる「コツ」です。

また、SEOライティングを行う際は、webサイトとして加工する「コーディング」作業も意識しておく必要があります。

SEOライティングは、SEO対策されたコーディングもセットで、初めてSEO対策として成り立ちます

丁寧にHTMLタグなどを実装したwebサイトは、巡回ロボットのクローラーから高く評価されます

タグを自身で実装するのであれば特に気にする必要がありませんが、コーディング作業を別の人がする場合、その作業者が困らないよう、最低限のコーディングは知っておき、どういった指示内容の原稿を渡すと作りやすいか、予め認識合わせをしておくとよいでしょう。

可能であれば、webサイトの形になった段階の自身の文章も、チェックすると次につなげることができます。

SEOライティングの3つのコツ


SEOライティングのコツは次の3つです。

・ターゲットユーザーとゴールを決める
・ゴールに沿ったタイトルとリード文、目次を作る
・ターゲットユーザーの視点で表現する

なお、この3つのコツは、Google の品質評価基準についての公式ブログ「良質なサイトを作るためのアドバイス」にて挙げられた要素で、SEOライティングに関わる部分を解釈したものです。

ユーザー第一主義、つまり「ユーザーファースト」というポリシーで文章を書くことが、巡回ロボットのクローラーに評価されやすいSEOライティングとなり得ます。

「私」という書き手を匂わせる主語を使わないとか、「ウェブ」「web」「スマートフォン」「携帯」といった同じ言葉や似た言葉は表現を統一するとか、アルファベットの用語は半角を使うとか、「平仮名」「出来る」といった漢字でない方が読みやすい語句はひらがなやカタカナで表現するとか、そういったSEOライティング未満のライティングについては、他のコンテンツを数多く見るなどして気づきを重ね、身につけることができるでしょう。

「もし誰かに修正した方がいいと指摘を受けた場合に、柔軟に受け入れることができる」というのは、SEOライティングとしても必須のスキルです。

(1)ターゲットユーザーとゴールを決める

「ユーザーファースト」のコンテンツを作るには、何より、そのコンテンツを見てもらいたい対象となるユーザー「ターゲットユーザー」と、そのユーザーにコンテンツを見てどうなってもらいたいか、といった「ゴール」を最初に決めることが重要です。

具体例を挙げましょう。

ターゲットユーザーは、できるだけ仮説を重ねて具体的である方が書きやすいです。

ターゲットユーザー:検索キーワード「SEO ライティング」でwebサイトに訪問したユーザー。

おそらくSEOに関する知識は豊富ではない初心者。

webコンテンツをライティングする必要に迫られている、またはwebコンテンツを制作指示担当などで、ライティングの指示を行う必要がある者。

ゴール:コンテンツを読んだターゲットユーザーがSEOライティングのコツを知って、SEO対策された文章を書ける。

(2)ゴールに沿ったタイトルとリード文、目次を作る

巡回ロボットのクローラーは、きちんと構造化されたコンテンツを高く評価します

主にクローラー対策はwebサイト化のコーディング作業の時に行われますが、ライティングの時に対策できる要素もあります。

それが、コンテンツの題名「タイトル」と、ターゲットユーザーやゴールなどを含めたコンテンツの位置付けの説明文「リード文」、コンテンツの全体像を見せる「目次」の3つです。

具体例を挙げましょう。

タイトル:厳選!SEOライティングのコツはたった3つだけ!

リード文:この記事のリード文を参照

目次:この記事の目次を参照

(3)ターゲットユーザーの視点で表現する

目次ができていれば、あとはコンテンツ、本文です。

ユーザーの視点以前に、タイトルと本文がずれないよう、ゴールを意識して書く必要があります

説明を進めているうちに、文脈がそれて主旨がゆがむのはよくあること。

タイトル通りのコンテンツになっているか、書いた後に必ず見返すようにしましょう

ターゲットユーザーの視点で表現するには、まず、専門用語の補足説明を入れましょう。

例えば、この記事でも、初登場の用語には必ず、補足説明をつけていますが、これはコンテンツの信頼性の向上のためです。

言葉は人や使う場面によって意味合いが異なります。

「この記事ではこういう意味で使用する」ということを宣言することで、誤解されにくくなります。

他にも「3つのコツ」というような数字や数値を盛り込むことも、同様にコンテンツの信頼性につながります。

競合のコンテンツを見て、補足説明をどんな風にしているかを見てみるのもおすすめです。

想定するユーザーに近い方に文章を読んでもらい、どの言葉が知りたいと思ったかを確認するのもよい方法かもしれません。

覚えておきたいのは「全てを丁寧に説明することがユーザビリティではない」ということです。

ゴールを踏まえて特に取捨選択し、ざっくりと簡潔な表現をすることが必要です。

例えば、タイトルと関連性の低い説明を省略してみましょう。

必要としている情報だけを掲載する姿勢がクローラーに評価されれば、SEO対策につながります。

SEOライティングに含まれることもある「見た目」


クローラー対策はコーディング作業で行いますが、ライティングとコーディングの担当者の間で宙に浮きがちな部分があります。

画像や文字の強調などの「見た目」です。

文字の装飾については、重要な文章だけを蛍光マーカーで引いたようなハイライトにするなど、適宜、強調するとわかりやすくなりますが、その重要な部分は内容を知るものが指示をしなければ指定できません

また、青字や下線はURLリンクを連想するため、URLリンク以外の表現で使用するのは避けるべきです。

画像をひとつ用意するにしても、ライティング側が「こういうイメージの画像が欲しい」と指示を出すだけでいいのか、そのまま掲載できるような完成した画像を用意するのかによって、見積もるべき作業量も異なってきます。

webサイト全体のデザインの方針はガイドラインとしてがっちり決まっていても、コンテンツごとの内容に即した見た目は、裁量があって担当者に任されることが一般的です。

ライティングとコーディングの担当者、どちらが主導でコンテンツの細かな見た目を指定するか、予め決めておくことが一歩踏み込んだSEO対策につながることでしょう。

まとめ


SEOライティングについて、一般的なライティングやコーディングとの違いを押さえつつ、3つのコツをご紹介しました。

SEOライティングは、巡回ロボットのクローラーの評価を意識する必要はありますが、最終的にコンテンツを評価するのはユーザーです。

多くの場合、webコンテンツのターゲットユーザーは初心者です。

評価されようと、たくさんの情報を盛り込む必要も、専門用語にこだわる必要もありません。

伝わることを第一に、できるだけ身近な、あなたの言葉で書くことが一番有効なSEO対策となるでしょう。

SEO対策とコンテンツの文字数について知りたい方は次もあわせてご覧ください。

関連記事

  1. SEO

    SEOにおける競合分析の重要性とは|オススメの分析ツール紹介

    SEO対策をして検索順位をあげるためには、ターゲットキーワード…

  2. SEO

    SEOと文字数の関係について。上位表示に必要な文字数は?

    SEO対策で必要な文字数は何文字なのか?SEOで上位表示させる…

  3. SEO

    SEO対策になる構造化データマークアップ:その効果と実装方法

    SEO対策の一つに、埋め込み用の情報「構造化データ」を設定(マークアッ…

  4. SEO

    SEO対策とは?初心者でも理解して実践できるSEOの基礎まとめ

    SEO対策とは?基礎から知りたい方におすすめの記事です。SEO対策の意…

  5. SEO

    SEO順位が上がらない理由3つと、検索順位を上げる対処法

    記事を書いてもSEOに上がってこない。…

  6. SEO

    【2019年版】SEOトレンドまとめ:定番3つと最新3つ

    SEO対策にはさまざまな方法がありますが、時流にあわせて優先すべき要素…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    SEO的に良いのはページ分割?1ページにまとめる?おすすめの方法
  2. SEO

    SEOで最も効果的なタイトル文字数は?32文字以内と言われる理由
  3. SEO

    クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?
  4. SEO

    Webサイトのスコアを改善してSEOの効果を高める方法
  5. SEO

    SEO対策のキーワードの正しい選び方【5つの手順と注意点】
PAGE TOP