fbpx

SEO

SEO対策になる構造化データマークアップ:その効果と実装方法

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

SEO対策の一つに、埋め込み用の情報「構造化データ」を設定(マークアップ)する方法があります。

コンピューターにとってほぼ理解できない記号の集合体でしかないwebサイトのコンテンツを、構造化データのマークアップで意味づけすることにより、より効率的に解析と評価をしてもらい、最終的にSEO評価につなげることができます

この記事ではSEO対策になる構造化データのマークアップとは何かその効果と実装方法にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

SEO対策としてのマークアップとは


webコンテンツは、いろいろな要素や仕組みが組み合わさって作られていますが、一般的に文字や画像などの情報を記述するための言語「HTML」が使われています

今まではHTMLタグを正しく使うことで、コンピューターに一部のwebコンテンツの情報を理解させていましたが、コンテンツへの理解をもっと促すために、更にもう一歩踏み込んで、埋め込み用の情報「構造化データ」を設定することができます

簡単にまとめると、構造化データのマークアップとは、本来はユーザーにわかりやすければよいはずのwebコンテンツを、コンピューターにも理解しやすいように作ること、またはその技術の一つを指します

具体例を挙げましょう。

例えば、「私はヨシダヨシヒコです。」と書かれていたら、人が見れば「自己紹介だな」と推測できても、コンピューターにとってはただの文字の羅列でしかありません

ですが、構造化データでマークアップすることで、その文字の意味を正しく伝えることができます

まず、構造化データをマークアップする前のHTMLの記述例です。

わかりやすさを優先してwebの標準を決める団体「W3C」(WorldWideWebConsortium:ダブリュースリーシー)がおすすめするマークアップの「microdata」による例を見てみましょう。

「苗字」と「名前」の構造化データをマークアップしています。

なお、最近のGoogleで推奨しているのは「JSON-LD」というマークアップ形式です。

microdata形式を認めていない訳ではありませんが、将来的にGoogleのSEO効果を考えるならJSON-LD形式の方が望ましいでしょう

JSON-LD形式ではHTMLにJSON-LDを使うことを宣言し、スクリプトとして記述します。

こういったSEO対策になるwebサイトの作り方(コーディング)は、一言で言えば「セマンティックweb」と呼ばれます。

webサイトが情報の意味(Semantics)をコンピューター自身に理解させ、人を介さずに情報のやりとりを行う技術や、そのポリシーのことを指します

セマンティックwebにするための3ステップについて詳しく知りたい方は、次もあわせてご覧ください。

構造化データのマークアップによって期待できるSEO効果

構造化データのマークアップは、SEO対策として有効です。

期待できるSEO効果は「リッチスニペットが表示され、ユーザー流入数が増える」というものです。

検索結果に表示される、webページのタイトル以外の情報は「スニペット」(snippet)と呼ばれ、webページのユーザーを呼び込むのに効果的です。

きちんと該当する構造化データをマークアップすれば、画像や動画などを含む「リッチスニペット」を表示し、文章だけのwebページよりも検索結果で目立つことができます

Googleの仕組みに依存しコントロールしづらい部分はありますが、検索1位を超えて上位に表示される「強調スニペット」に採用されれば、更にユーザーの流入は増えるでしょう

なお、現状、webサイトが解析されやすくなることが、直接的にSEO評価として加算され、検索順位が上がることはないようです。

コンテンツが優れていることと、技術が優れていることがイコールではないという判断があります。

しかし、構造化データのマークアップを行ってwebサイトが解析されやすくしているということが、ユーザビリティの姿勢の一つとして評価されれば、直接的なSEO評価につながるという動きも否定できません

構造化データをマークアップするには


構造化データを設定するにはどうすればいいか、具体的な実装方法を見ていきましょう。

一般的に採用されるのは、次の2つの方法です。

  • Googleの「データハイライター」で実装する
  • Googleの「構造化データマークアップ支援ツール」を活用し、実装する

「データハイライター」を採用するメリットは、HTMLタグやマークアップの知識がなくても構造化データを実装できる点です。

初心者向けのマークアップ方法と言えるでしょう

デメリットとしてGoogleの検索エンジンなどの仕組みを前提とするもので、webサイトのデータに追記される訳ではないため、Google以外の検索条件ではマークアップされたことにならない点です。

「構造化データマークアップ支援ツール」というのは、支援ツールで出力したソースコードを、最終的にHTMLに直接、マークアップする方法です。

こちらを採用するメリットは、自分が望む通りにマークアップできる、自由にできる裁量がある点です。

中級者から上級者向けのマークアップ方法と言えるでしょう。

デメリットとしてはもちろん、一定のコーディングの知識が求められる点です。

また、Googleが現在、推奨している「JSON-LD」形式でマークアップする場合、求められる知識はHTMLにとどまらず、スクリプトに関する知識も必要となります

どちらで実装するにせよ、Googleの構造化データのガイドラインは押さえておきましょう。
構造化データに適用される一般的なガイドライン

なお、どちらのツールを使うにしても、サポートされるコンテンツタイプは、記事やイベント、地域のお店やサービス、レストランや商品、ソフトウェアアプリケーション、映画やテレビ番組のエピソード、書籍です。

ざっくり言えば、これらの情報を持つwebページに対しては、手軽にマウス操作だけで実装できる、ということです。

それでは、それぞれの手順を見ていきましょう。

(1)データハイライターによる構造化データのマークアップ手順

①GoogleSearchConsoleと連動するGoogleアカウントでログインする。

②「データハイライター」ツールを開く。

③「ハイライト表示を開始する」を選択する。

④構造化データを設定したいURLを入力し、データタイプを選択し、「このページをタグ付けする」を選んで「OK」ボタンをクリックする。(会社のwebサイトに対しての設定の場合は「地域のお店やサービス」を選択します。「このページだけをタグ付けする」にすると、マークアップはそのページだけに限定できます。)

⑤画面が表示されたら、構造化データをマークアップしたい箇所を選択し、右クリックする。

タグのメニューが表示されたら、該当するタグを選択する。

⑥全ての構造化データが実装できるまで⑤の手順を繰り返す。

⑦設定が完了したら、右のフレーム内のマークアップ情報を確認し、内容や設定に間違いがないかを確認する。

⑧確認できたら「公開」ボタンをクリックする。

構造化マークアップしたwebページを確認する手順

①「構造化マークアップテストツール」にログインする。
構造化マークアップテストツール

②「URLを取得」画面で、構造化データを実装したURLを入力する。

③「テストを実行」ボタンをクリックする。

あくまでも「構造化マークアップテストツール」はテスト環境の機能であり、必ずしも本番環境の検索結果とイコールにはならないので、注意しましょう

(2)構造化データマークアップ支援ツールによるマークアップ手順

①GoogleSearchConsoleと連動するGoogleアカウントでログインする。

②構造化データマークアップ支援ツールを開く。

③「ウェブサイト」タブを選択する。

④マークアップするページのタイプを指定し、URLタブでマークアップしたいwebページのURLを入力、またはHTMLタブでHTMLファイルをアップロードしたら「タグ付けを開始」ボタンをクリックする。(会社のwebサイトに対しての設定の場合は「地域のお店やサービス」を選択します。)

⑤画面が表示されたら、造化データをマークアップしたい箇所を選択し、右クリックする。

タグのメニューが表示されたら、該当するタグを選択する。

⑥全ての構造化データが実装できるまで⑤の手順を繰り返す。

⑦設定が完了したら、右のフレーム内のマークアップ情報を確認し、内容や設定に間違いがないかを確認する。

⑧確認できたら「HTMLを作成」ボタンをクリックする。

⑨マークアップ形式を選択する。

⑩microdata形式の場合、HTMLのソースコードを確認し、「ダウンロード」をクリックする。既存のページのファイルと差し替えることでマークアップ作業が完了する。

デフォルトで選択されるJSON-LD形式を選んだ場合は、マークアップされたソースコードが表示されますので、コピーして既存のページのファイルのbody部に貼り付けて上書き保存することでマークアップ作業が完了します

なお、マークアップの確認は、前の項目で説明したものと同様に【構造化マークアップしたwebページを確認する手順】で行います。

まとめ


コンピューター自身にwebサイトの情報を理解させる「セマンティックweb」を推し進める構造化データのマークアップで、webの世界は更なる進化を遂げるはずです。

webページを閲覧するユーザーには見えない情報ではありますが、優遇される流れは出てきています。

検索結果で似たようなコンテンツが並んだとき、検索1位を超える強調スニペットとして取り上げられるのは構造化データがある方です

Googleが提供するツールなどを賢く活用し、着実にSEO評価につながるマークアップを目指しましょう。

関連記事

  1. SEO

    SEO対策の基礎!インデックス(index)とは?SEOへの効果

    SEO対策を進めるにあたって、サイトのページがGoogleの検索エンジ…

  2. SEO

    SEO対策になるリライトの方法5つをご紹介します!

    SEO対策には様々な方法が挙げられますが、その中の一つに、既存のweb…

  3. SEO

    SEO対策では画像が大きく影響!効果的な画像の使い方とその根拠

    SEO対策では、テキストやサイトの構成だけではなく、ページに使われてい…

  4. SEO

    インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方

    webサイトにおいて、検索結果の表示対象として情報登録されているweb…

  5. SEO

    PDFファイルのSEO対策方法を知っておこう

    webサイト上に掲載されているPDFファイルも、検索結果に表示される対…

  6. SEO

    SEO対策のキーワードの正しい選び方【5つの手順と注意点】

    SEOキーワードの選定はコンテンツマーケティングにおいて最初の一歩であ…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    SEO対策の基礎!インデックス(index)とは?SEOへの効果
  2. SEO

    SEO対策の基本!<head>で必ず書くべきHTMLのタグとは?
  3. SEO

    SEO的に良いのはページ分割?1ページにまとめる?おすすめの方法
  4. SEO

    SEO対策のキーワード数は2〜4個が有効!その理由とは
  5. SEO

    SEO対策になるコーディングとは?
PAGE TOP