fbpx

SEO

SEO対策しても検索順位が下がるのはペナルティ?すぐにできる対策

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

「SEO対策として色々な方法をたくさん試してみたけれど、効果がない」「急に検索エンジンからのユーザーが少なくなった」といった場合、検索エンジン側から検索順位を下げるような処置「ペナルティ」を受けている可能性があります。

検索エンジンはそれぞれ独自のポリシーやプロセスをもってペナルティを決めていますが「ユーザーにとって不利益なwebサイトには検索順位を下げる罰を与える」という思想は共通です。

ここでは代表的なGoogleペナルティを例に見ていきましょう。

ペナルティを受ける要因やその種類、自社サイトがペナルティを受けていないか確認する方法とその対処方法についてご紹介します。

SEO対策における「ペナルティ」とは


GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、必ず品質に関するガイドラインがあります

このガイドラインを守る限り、検索エンジンで検索キーワードが一致したwebサイトはユーザーを獲得できるような仕組みになっています。

逆に言えば、これに逆らうwebサイトは検索エンジンで探すことはできません

ペナルティとは、そのガイドラインに準拠しないサイトに対し、検索エンジンの管理元が課す罰を指します

検索エンジンによってガイドラインが異なるため、ペナルティも検索エンジンごとに異なります

そのため、一般的には検索エンジンの名称と合わせた呼び方がなされます。

Googleが課したものの場合は「Googleペナルティ」と呼ばれます。

あくまで通称であり、Googleの公式用語ではない点はご注意ください。

Google自身は「対策」「アルゴリズム」といった別の表現をしているため、Googleに問い合わせるなどする場合はそちらを使用するとよいでしょう。

webサイトがペナルティを受けた場合、次のような現象が起こります。

・検索順位が急に下がる
・検索結果から完全に表示されなくなる

多くのwebサイトが検索エンジンからの訪問してくるユーザーを中心に運営しているでしょう。

そのため、万が一特に利用者の多いGoogleによるペナルティを受けた場合、webサイトに関連するビジネス全般に深刻な影響を与えることになります。

なぜGoogleペナルティを受けてしまうのか?


ペナルティを受ける要因は「ユーザーの利益にならないwebサイトだと評価される」ことにあります。

検索上位であることが、テストでいう高得点を取っている状態とした場合、品質のガイドラインは、採点基準のようなものにあたります。

それに準拠しないということは、検索エンジンの管理元にとっては減点対象、最悪、採点の価値なしと判断されるものなのです。

Googleペナルティの場合、管理元のGoogleがどういった要素を減点対象としているかを知る必要があります

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

詳しくは上記のGoogleの品質に関するガイドラインを参照いただくとよいですが、かいつまんでご紹介すると「具体的なガイドライン」にある次の方法を「使用しない」ようにする必要があります。

・コンテンツの自動生成
・リンク プログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク
・誘導ページ
・コンテンツの無断複製
・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
・リッチ スニペット マークアップの悪用
・Google への自動化されたクエリの送信

デジタルデータで構成されるwebサイトは、簡単に自動生成や、複製・コピーができてしまいます。

そんな中でGoogleが高得点をつけたいのは、独自のコンテンツを持っているような、唯一性のあるwebサイトです。

そのため、自動生成や複製・コピーが疑われた場合、減点されます

当然、ユーザーをだますような悪意ある仕掛けや、盗用が発見された場合もペナルティの対象です。

通常、たくさんリンクがあるwebサイトは検索上位に行くようになっていますが、SEO対策として過剰にやりすぎると減点されてしまいます

手動ペナルティと自動ペナルティって?それぞれの確認方法と対処方法


Googleに限らず、一般的に、ペナルティのプロセスには2種類あります。

管理元の担当者が対応する「手動ペナルティ」と、プログラムによる自動制御で行われる「自動ペナルティ」です。

ガイドラインの違反を自動で判断できるような部分はプログラムで制御し、それだけでカバーできない部分を人力で対応する二段構えが主流です。

Googleペナルティの種類別に、その確認方法と対処方法を見ていきましょう。

(1)手動ペナルティ「手動による対策」

Googleの手動ペナルティは、公式には「手動による対策」と呼びます。

Googleの担当者が直接webサイトを審査し、品質に関するガイドライン違反を確認した場合にペナルティが課せられます。

確認するには、ウェブマスターツール「Google Search Console(サーチコンソール)」「手動による対策」ページを確認しましょう。

万が一ペナルティを受けている場合には、こちらにペナルティを課している旨のメッセージが表示されます

Googleの手動ペナルティを解除するには、次のようにします。

1.ガイドライン違反部分、または違反と思われる部分を修正する
2.Search Consoleの警告メッセージの下に表示されている「再審査をリクエスト」のボタンを押す

Googleの担当者が再度確認し、問題が改善されていると判断されれば、警告メッセージも解消され、検索結果に反映されるようになります。

再審査を依頼して早くて数日遅いと数週間ほどかかることもあるため、解消までの時間を見積もる場合には注意が必要です。

なお、手動ペナルティには期間の概念があります

そのため、手動ペナルティを受けたのに対応せずに放置していても、ペナルティが解除されるケースもあります。

但し、その期間は数週間とも数ヶ月とも言われ、公式に発表はされていないため、期限切れを狙って何もしないといった対応はお勧めできません

そもそも、ガイドライン違反や非準拠を解消しなければ、期限切れで検索順位が戻っても、またすぐにペナルティを受けることになるだけでしょう。

時間がかかっても、根本的な対処をすることをおすすめします

(2)自動ペナルティ「アルゴリズム」

Googleの自動ペナルティは、公式には「アルゴリズム」と呼びます。

自動でガイドライン違反や非準拠を検出し、検索順位を下げるプログラム制御を行なっています。

手動ペナルティとは異なり、Googleから特にメッセージがあるものではありません

そのため、再審査リクエストを依頼するということもできません

できるだけガイドラインに準拠させ、再度アルゴリズムにより評価されるのを待つだけです。

順位が戻った場合、解除されたと判断できるでしょう。

見落としがちなガイドライン違反

盲点になりがちなのは、キーワードの盛り込みすぎや、隠しテキストでしょうか。

今はwebページを誰もが気軽に作れてしまうため、SEO対策に詳しくない者がページを作り、そのまま気づかずにガイドライン違反をしてしまうケースもあるようです。

また、サイト運営の都合上、同じコンテンツのwebページを複数のURLで自動生成される仕組みを利用していたら、Googleがそれらを全てインデックスし、意図せずにガイドライン違反してしまうようなケースもあります。

まとめ


手動ペナルティと自動ペナルティ、どちらのペナルティも受けないSEO対策をするには、一言で言えば「品質に関するガイドラインに準拠させること」に尽きます。

やりがちなSEO対策で、むやみにリンク数を増やしたり、関連性のないwebサイトと相互リンクをしたりするのは避けましょう

SEO対策としてのリターンと、ペナルティを受けた場合の機会損失というリスクを考えると、ハイリスクハイリターンな方法です。

勿論、コンテンツ内容に関連のあるwebサイトとの相互リンクは全く問題ありません。

Googleが求めるユーザービリティを満たしているか、つまりユーザーが利用しやすいかどうかという視点が重要なのです。

運用やプロセスの整備も含め、地道なwebサイトの品質向上がペナルティを受けないSEO対策となるのです。

ペナルティを受ける以外にも、検索順位が上がらない理由はあります。

他の対策を知りたい方は、次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

  1. SEO

    SEO対策になるmetaタグの設定!その効果と実装例

    SEO対策の一つに、隠し属性としてwebページの設定情報を持たせること…

  2. SEO

    WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基準も解説

    webサイトを運営・管理するにあたって、有名なブログソフトウェア「Wo…

  3. SEO

    ワードプレスで作成したサイトのSEO対策は設定が必要!

    WordPress(ワードプレス)を利用することで、SEOに強いweb…

  4. SEO

    SEO対策とは?意味がない施策と今すぐできるたった3つのこと

    SEO対策という言葉は聞いたことがあっても、具体的に何をすればいいのか…

  5. SEO

    クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?

    検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クロ…

  6. SEO

    必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説します

    SEO対策についての情報をキャッチアップする中で、webの管理者が最も…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    SEOスパムと判断される代表的な行為とは?4つのタイプ別に解説
  2. SEO

    検索順位を上げるには?SEOで見直したい3つのポイント
  3. SEO

    SEO対策になる構造化データマークアップ:その効果と実装方法
  4. SEO

    SEOのために重要な検索結果ランキング取得ツールおすすめ7選
  5. SEO

    SEO対策の基礎!インデックス(index)とは?SEOへの効果
PAGE TOP