fbpx

SEO

SEO順位が上がらない理由3つと、検索順位を上げる対処法

この記事の監修

コピー&マーケティング株式会社 代表取締役
山田 秀平(やまだ しゅうへい)

24歳で起業後、世界トップクラスのマーケッターやコピーライターからビジネスを学び、年商3000万円に満たない企業をすぐに約17倍の年商5億まで成長させる。コンテンツマーケティングでは、累計で12万人以上を集客してきた。現在はコンテンツマーケティングのインハウス支援に取り組んでいる。

 

記事を書いてもSEOに上がってこない。

SEO対策してるのに検索順位が上がらない。

 

このように、SEOでサイトが上がらなくて、理由もわからずどうすれば良いのか悩んでいませんか?

WebサイトがSEOで上がらない理由は明確にあります。

本記事では、SEO順位が上がらない理由3つと、それぞれの対策法を解説します。

自社のサイトがどの理由に当てはまるのかチェックし、適切な対策を行ってください。

そうすれば、必ず検索順位は上がります。

SEO順位が上がらない理由はこの3つ

seo順位が上がらない理由3つ

サイトが、SEO対策を行っているキーワードで順位が上がってこない理由は次の3つです。

  1. Googleからペナルティを受けている
  2. 検索エンジンにインデックスされていない
  3. SEO対策ができておらず評価が低い

この理由の中でどれか1つ、または複数当てはまっていることが考えられます。

1と2に関しては、比較的簡単に対処可能です。

改善することで、検索エンジンから正常に認識され、順位が上がる可能性が高くなります。

詳しくはこの後で説明しますので、よく読んで今すぐ確認してください。

検索順位が上がらない理由で一番多いのは3の「SEO対策ができておらず評価が低い」です。

SEO対策が間違っていたり、適切な対策がなされてない場合は検索順位が上がりにくくなります。

こちらも本記事の後半で説明していくので、Googleからのペナルティがないか、インデックスは問題なく行われているかをチェックした上で読み進めてください。

1.Googleからペナルティを受けている

まずはGoogleからペナルティを受けていないかのチェックです。

サイトがペナルティを受けていると、いくらSEO対策に力を入れても検索順位は上がりません。

対策を行う前段階となるので、しっかりと確認しましょう。

ペナルティとは

そもそも、Googleからのペナルティとはどういうものなのか説明します。

ペナルティとは、Googleがサイトや記事に対して「品質が非常に悪い」と判断した場合、検索順位を下げたり、検索結果から除外する処置のことを言います。

ペナルティを受けているサイトは、ウェブマスター向けガイドラインの、品質に関する項目に違反している可能性が高いです。

参考:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ガイドラインを見ただけではわかりにくいので、簡単な言葉にしてまとめると下記のような項目となります。

  1. 自動生成された低品質なコンテンツ
  2. オリジナルコンテンツがほとんど存在しないページ
  3. 他サイトの内容と重複しているコピペばかりのページ
  4. 意図的なSEO対策の目的で購入された被リンクがあるサイト
  5. 隠しテキストや隠しリンク(背景色と同じでユーザーから見えない文字)がある
  6. リダイレクトで検索ユーザーの求めていないページに飛ばすサイト

もし自社のコンテンツがこれらの項目に当てはまってしまっている場合、Search Console(サーチコンソール)に警告のメッセージが届いているはずです。

メッセージの内容を確認し、対象となる箇所を改善しましょう。

警告メッセージ例

ペナルティを解除する方法

ペナルティを解除し正常な状態に戻すことができれば、SEOで検索上位を再び目指すことが可能になります。

ペナルティ解除の手順は以下です。

  • ガイドラインに違反している、または違反していると思われる部分を修正
  • Search Consoleの警告メッセージ下にある「再審査リクエスト」のボタンを押す

Googleが再度確認し、問題が改善されていると判断されれば、警告メッセージも解消されます。

そして、検索結果に反映されるようになります。

2.検索エンジンにインデックスされていない

インデックスされておらず評価が低い

検索エンジンにインデックスされていないというのは、サイトがGoogleから認識されていないということです。

新しく出来たサイトの場合、Googleから認識されづらいためよく起こります。

サイトの存在を認識していないので、検索順位が付かないのです。

インデックスされているか確認を行い、されていない場合はインデックスを促し、サイトを認識してもらう必要があります。

インデックスの確認方法

確認はSearch Consoleから行うことが可能です。

Search Consoleのメニューの「URL検査」をクリックし、該当のページURLを入力してください。

その結果、登録されているかどうかが表示されます。

無事インデックスされている場合の結果画面

もし「URLはGoogleに登録されていません」の表示が出た場合は、「インデックスをリクエスト」を押して登録を促しましょう。

その後、1日置いて再度同じようにインデックスを確認してみてください。

正常に送信できていれば、「URLがGoogleに登録されています」の表示となるはずです。

されていなかった場合は、再度行ってみてください。

特に新しく出来たサイトの場合、認識してもらうまでに時間がかかる事が多いです。

ただし、インデックスのリクエストは、短時間でたくさん行ったからといって効果が早まるわけではありません。

1つの該当ページに対して、1日1回で十分です。

インデックスを促す対策

毎回、インデックスを手動で促すのは大変です。

それに、一番良いのはサイトを更新したら自動でGoogleに認識してもらえる状態を作ることですよね。

そのために、インデックスを促す施策として行ってほしいことを2つご紹介します。

XMLサイトマップの設置

XMLサイトマップとは、Webサイト内にある各ページの情報が記載されたファイルのことで、サイトの地図情報のようなものです。

サイト内にどのようなページがあって、いつ更新されたものなのか、整理整頓されている地図と認識してください。

検索エンジンは、クローラーという巡回ロボットがWeb上のコンテンツを見回って情報を取得しています。

XMLサイトマップがあると、クローラーはその地図を見ながらサイトを回ることが出来るため、サイト内を隅々まで認識しやすくなるのです。

もし、あなたのサイトがWordPressで作られている場合、プラグインを使うと簡単にXMLサイトマップを作ることができます。

「Google XML Sitemaps」というプラグインがオススメです。

https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

記事の更新頻度アップと内部リンク

もう一つのインデックスを促す方法として、サイトの記事更新頻度を上げるという方法もあります。

特に、新しいサイトの場合は毎日同じ時間に更新し続けると良いです。

そうすることでクローラーに「このサイトは毎日◯時に更新される」と認識してもらえる可能性が高まります

さらに、既にインデックスされているサイト内のページにリンクを貼ることで、クローラーに見つけてもらいやすくなります。

既にインデックスされているページ=クローラーが見回りに来るページ

このようになるため、既に認識されているページに新しいリンクが貼ってあれば、そこから辿って来てもらうことができるのです。

3.SEO対策ができておらず評価が低い

対策されていなくて評価が低い

検索順位が上がらない理由として一番多いのが、SEO対策ができていないことです。

対策キーワードでの評価が低く、検索上位に上がってこないサイトは非常に多くあります。

ペナルティを受けてなくて、インデックス登録もされているのに検索順位が低い場合、評価が低いことが原因とみて間違いないでしょう

自分のサイトのコンテンツが、どのような評価を受けているのかチェックして、改善していきましょう。

コンテンツのSEO評価チェック方法

具体的に、検索エンジンからどのような評価を受けているのか、簡単にできるチェック方法をご紹介します。

記事タイトルで検索

記事のタイトルをコピーし、プライベートウィンドウで検索してみてください。

検索結果で、該当の記事が1位に来ていれば問題ありません。

しかし、2位以下の場合は評価が低いという判定です。

タイトルを改善するのが良いでしょう。

※プライベートウィンドウの開き方

Google Chromeの場合、ブラウザの右上をクリックすると「新しいシークレットウィンドウ」という項目があるので、底をクリックするとプライベートウィンドウが表れます。

プライベートウィンドウ

記事の冒頭から30文字を検索

記事の冒頭から30文字をコピーして、先ほどと同じようにプライベートウィンドウで検索してください。

30文字にする理由としては、それ以上の文字数は検索できないからです。

検索結果で、該当の記事が1位に来ていれば問題ありません。

しかしこれも、2位以下の場合は評価が低いという判定です。

他サイトの記事と内容が被っているなど、オリジナリティの欠けたコンテンツと判断されている可能性が高いです。

表現の見直しを行い、同様の検索結果で1位表示となるよう改善しましょう。

評価を高めて検索結果に上げるには

では、検索エンジンからの評価を把握した上で、具体的に評価を上げるにはどうすればよいのか。

ここでは3つの方法をご紹介します。

記事タイトルに対策キーワードを含ませる

まずは一番最初にチェックしてほしいのがタイトルです。

対策キーワードなのに、タイトルに含まれていないのであればすぐに見直してください

記事タイトルは、お店でいうところの看板です。

例えば、カレーがイチオシの飲食店なのに看板にはパスタとしか書いてなかったとしたら、カレーを食べたくて探してるユーザーは入ってきませんよね。

それと同じです。

タイトルには必ず、対策キーワードを入れましょう。

見出しタグは適切に使う

記事本文で、H2、H3、H4の見出しタグにも対策キーワードを含めることで、評価が高まります。

見出しタグは、クローラーがサイトを巡回する上でも注目する部分です。

ここに記事にとっての大事なキーワードが含まれていると認識します。

そのため、対策キーワードが入っていれば「このサイトはこのキーワードについて書かれている」と認識され、検索結果に反映してもらえます。

ただし、全ての見出しタグに必ず対策キーワードが含まれてなくてはいけないというわけではありません。

日本語として不自然になってしまっては本末転倒です。

基準として、記事本文で1番始めの見出しタグ(H2)には必ず対策キーワードを入れてください。

その後は、感覚値となってしまいますが、読みにくさを感じない程度に含ませましょう。

1記事1テーマで書かれているか

記事を書き進めるにつれて、テーマが広がってしまう場合もよくありません。

1記事に対して1テーマは、必ず守ってください

なぜなら、その記事が何について一番言いたいのかがわからなくなってしまうためです。

検索キーワードと関連性の高い内容のみにし、検索ユーザーのその疑問を解消することから外れないようにしましょう。

もし、どうしても話が広がってしまいそうな場合は、関連記事として別で1記事作成するのが良いです。

以上、ここでは検索順位を上げるための基本的なSEO対策をご紹介しましたが、さらに詳しい対策方法は、こちらの記事で説明しているので合わせてご覧ください。

SEO対策とは?

まとめ

seoで上がらない理由まとめ

SEOで記事が検索結果に上がらない理由と、その対処法を解説してきました。

上がらなかった理由はわかりましたでしょうか?

ペナルティやインデックスは、明確な対策があるので今すぐにでもチェックしていただきたいです。

SEO対策の部分に関しては、評価を上げるための対策として詳しく解説している記事も是非ご覧ください。

SEO対策の参考になれば幸いです。

関連記事

  1. SEO

    SEO対策の基本!<head>で必ず書くべきHTMLのタグとは?

    SEO対策において、ユーザーが入力した検索キーワードに適した質の高いコ…

  2. SEO

    検索順位を上げるには?SEOで見直したい3つのポイント

    あなたの管理しているwebサイトのSEO対策は進んでいるでしょうか。…

  3. SEO

    必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説します

    SEO対策についての情報をキャッチアップする中で、webの管理者が最も…

  4. SEO

    クロール:SEO評価に直結する情報取り込み作業とは?

    検索エンジンの検索順位を決めるための情報を集める自動巡回ロボット「クロ…

  5. SEO

    SEO対策では画像が大きく影響!効果的な画像の使い方とその根拠

    SEO対策では、テキストやサイトの構成だけではなく、ページに使われてい…

最近の記事

最近の記事

  1. WordPressのSEOプラグイン3選!入れるときの判断基…
  2. インデックス数とは?SEOに影響する理由、確認方法と増やし方…
  3. SEOの攻略本「ガイドライン」を解説!最近のGoogle傾向…
  4. 必読!Google公式の「SEOスターターガイド」を解説しま…
  5. SEO評価を上げるディレクトリ構造とは?その効果と構築のポイ…
  1. SEO

    SEO対策しても検索順位が下がるのはペナルティ?すぐにできる対策
  2. SEO

    SEO対策のキーワードの正しい選び方【5つの手順と注意点】
  3. SEO

    Webサイトのスコアを改善してSEOの効果を高める方法
  4. SEO

    ワードプレスで作成したサイトのSEO対策は設定が必要!
  5. SEO

    SEO対策は「スニペット」に注目!リッチスニペット・強調スニペット
PAGE TOP